サン=テグジュペリの『星の王子さま』にこう書かれています。

「いちばんたいせつなことは、目に見えない。

ものごとはね、心でみなくてはよく見えない。」

※(『星の王子さま』サン=テグジュペリ (著), Antoine de Saint‐Exup´ery (原著), 

       河野 万里子 (翻訳) 新潮文庫 2006年 より引用)

豊かさやしあわせは、形あるものを手にすることによってのみ

得られるとは限りません。

​​

心、感情、意識、魂、命、エネルギー、愛など

目に見えないものが漂うことにより、

”あたたかみ”や”しあわせ”を感じることもあります。

 

「スピリチュアル」とは本来、目に見えないものを感じること。

決していかがわしいものばかりではありません。

 

実は日常にありふれていることをご存知ですか?

 

新年早々、寒い中列をなして神社に並び、

大安吉日とされる日に式を執り行い、

情報番組やほとんどの女性誌には占いが掲載されている。

 

「お米一粒にも神様が宿っている」「雷さんにオヘソを取られるぞ」などの教育や、

「言霊」「御神木」、千羽鶴や恵方巻などの「願掛け」・・・

数えればキリがありません。

これらは外国人からみると不思議な風習です。

見えざるものを意識し、他人の気持ちを察して暮らす日本人が

スピリチュアル=インチキだと言っている。

この現状に矛盾を感じると同時に

普段の何気ない生活に溶け込んでいるスピリチュアルが

たくさんあることに気づかされます。

 

『スピリチュアル総合サイトSPII(スピィー)』は、

SPI(スピリチュアル)&I(私)

SPI(スピリチュアル)&I(愛)

 

日常に隠れたスピリチュアルを集め、いままでとは違った角度からご紹介します。

今まで「不思議だよね」で終わっていた問題の答えがここにあるかもしれません。

​ぜひあなたの心でみて、触れて、感じ取ってみてください。

           

                                                                                      SPII編集部​ 

​わたしたちの想い

​SPII編集部