​SPII編集部

  • spiispii

4月19日『私たちは死んだらここに帰ります』発刊


株式会社徳間書店は、2016年4月19日(火)に、高橋呑舟・きたよしお/著『私たちは死んだらここに帰ります』を発売します。本書は、アートテン技術の第一人者高橋呑舟氏と、日本のスウェーデンボルグともいうべき霊界の案内人きたよしお氏という、スピリチュアル界で話題の2人があの世とこの世のしくみを語りつくした注目の1冊です。

本書は2人の対談形式となっており、 「人は死んだら、誰もが“精霊界”に行きます」 「私たちは国と、3人の母親候補の中から選んで生まれてきます」 「地獄に行く人には特徴があります」 「利他愛こそが霊界のパスポートとなります」 「心中した二人は、あの世で決して会えません」 等々、興味がつきない話が盛り沢山。誰もが気になる“あの世”についての決定版といえる内容となっております。

【目次】 第1章 人は死んだらどうなるか 第2章 この世のルールとあの世のルール 第3章 命を放棄するという大罪 第4章 私たちは国を選び、母を選んで生まれてくる 第5章 霊界と宗教 第6章 あなたはなぜ生まれてきたのか 第7章 この世もあの世も利他愛が共通パス 特別収録:アートテン・波形型図形カード

【書誌情報】 ■『私たちは死んだらここに帰ります ――誰も教えてくれなかった現世と霊界の真実』 著者:高橋呑舟、きたよしお ISBN:978-4-19-864141-2 判型/仕様:四六判 発売日:2016年4月19日(火)より順次発売 定価:本体1400円+税 http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198641412

【著者プロフィール】 高橋 呑舟 1947年岩手県生まれ。25年間の自衛隊勤務の後、退官。自然界との共存、調和と思いやりの心を基本するアートテン・テクノロジーを開発し、その成果を農業や医療、産業に活用。財団法人子どもの未来支援機構代表理事。著書に『宇宙のしくみを使えば、すべてがうまくいくようになっている』(徳間書店)がある。

<アートテン技術に関するお問い合わせはこちら> 一般社団法人アートテン技術普及協会 http://art-ten.or.jp/

きた よしお この地上界では1952年、四国に生を受ける。霊界では第二霊界で生まれる(すべての人は霊界で生まれます。霊界には時間軸がないため何年というかたちでは表現できません)。その後、地上界で6回の再生と修行のプロセスを経た後、現在地上で7回目の再生中。

【本書の購入はこちら】 Amazon:http://amzn.to/1TQuwcO 楽天ブックス:http://bit.ly/1Vti9oR オムニ7:http://bit.ly/1VoJQi2 ほか、全国の書店にて発売予定

■関連書籍 高橋呑舟『宇宙のしくみを使えば、すべてがうまくいくようになっている』 http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198640316

#ヒーリング

4回の閲覧