​SPII編集部

  • SPII編集部

アロマからのメッセージ~スピリチュアルアロマセラピーの世界~


アロマセラピーは、‘香りで心を癒すもの’というイメージが強いと思いますが、香りと脳のメカニズムは科学的に証明されている事をご存知の方も少なくないと思います。この記事では、アロマセラピーを‘心理学的な面’と‘生理学的な面’の両方からお届けします。

香りと「大脳辺縁系」

大脳は、知的活動をつかさどる「大脳新皮質」と、本能や情緒行動、自律機能をつかさどる「大脳辺縁系」に区別されています。脳に入った香りの情報は、「嗅脳」とも呼ばれる「大脳辺縁系」に到達します。嗅覚は直接この大脳辺縁系と結びついています。

したがって、香りは感情や本能を支配する脳に作用します。例えば「わけもなくイライラ する」といったような理性ではコントロールできない感情にさいなまされている時、心地よい香りを嗅ぐことによってリラックスした気持ちになり、イライラが緩和されることがあります。これは生理的なメカニズムに基づいたアロマセラピー効果の一つです。

香りと「視床下部」

人間はストレス状態にさらされたり、感情的なダメージを受けたりすると、自律神経系である交感神経と副交感神経のバランスを崩したり、内分泌系の乱れが生じたりすることがあります。さらには、免疫系にも悪影響を及ぼすことが知られています。

アロマセラピーにおいて、香りの分子を電気信号としてこの「視床下部」に送ることにより、 脳内神経伝達物質の働きに変化が起きると言われています。また、特定の香りを嗅ぐことによって、それに応じたホルモンの分泌量の増減が見られるなどの確認もされています。

スピリチュアルアロマセラピー

さて、「スピリチュアルアロマセラピー」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 記事前半で、アロマセラピーの生理学的な面をお届けしたので、後半では少し奥深いアロマセラピーについてお届けします。

アロマセラピーとスピリチュアルは、古代から密接な関係にあります。もともと、私たちは沢山の先祖や守護霊から守られています。しかし、モノであふれた社会にいることで、本来もっている直感の力や、気の流れを読む力を発揮するのが難しくなっています。「スピリチュアルアロマセラピー」には、そのような本来もっていた力を回復させる効果があると言われています。

精油のメッセージ

精油にはそれぞれ深い意味があり、メッセージを持っています。なにげなく、好きな香りだと選んだ精油は、今のあなたに必要なものなのかもしれません。精油の香りを嗅ぐだけでも効果的ですが、普段のスキンケアなどに使うとより効果が得られると言われています。

人気の高い精油のメッセージをご紹介します。

まとめ

スピリチュアルアロマセラピーをきっかけに、本来のメッセージを受け取る力を取り戻してみてください。あなたにとっての、本当の生きる目的や意味を知ることができるかもしれません。

サロンでセラピーを受けるのは、敷居が高いと感じるかたは、アロマオイルを扱うショップでお気に入りのアロマを見つけてみて下さい。

甘い香りで人気の‘ゼラニウム’や‘イランイラン’は、ストレスによる緊張を緩め、不安やイライラを鎮めてくれます。さっぱりとした香りの‘ペパーミント’や‘レモングラス’は、気分をリフレッシュさせ精神や神経の疲労を和らげてくれる効果があります。

好みの香りでえらんでも、アロマの効果から選んでもいいと思います。気軽にアロマのある生活を取り入れてみて下さい。

#アロマセラピー #アロマオイル #ヒーリング #スピリチュアルアロマセラピー #メッセージ

95回の閲覧