• 吉永早希(フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認セラピスト)

「スピリチュアルとリアル」 vol.17~吉永早希~


現実の世界をより幸せに生きるために必要なことは?「スピリチュアル」という言葉が世の中で浸透してきている今日この頃。見えないものが見えなくても、リアルな世界にいながらスピリチュアルなことを大切にしてよりハッピーに暮らすヒントをお伝えしていきたいと思います。

第17回「ギフト」

最近、自分自身に「贈り物」をしていますか?

忙しいと、仕事が優先、

そして家族が優先、

どうしても自分のことが後回しになってしまいがちです。

なかなか難しいことなのですが「自分を満たす」ということも日々をハッピーに過ごすためにとても大切なことだと思っています。

先日、ヨガセラピーのセッションを受けたくださった方から、セッションで

「大きなギフトをもらった」という感想をいただきました。

「自分自身とつながる」「いまここにいる」という体験から大きなギフトがやってくるってなんて素敵なんだろうって思いました。

リアルな自分の感覚や生活を大切にして、あわせてスピリチュアルな視点を持って人生を送っていくことは私にとって理想なんですが、それを実践されている方だなぁと感じました。

その方のヨガセラピーの体験をご紹介します。

———

ヨガセラピー(PRYT)を受けて、感想を一言であえて言うのならば【大きなギフトをもらった】という感覚でした。

わたしが受け取ったギフトの一つ目は【悲しい思い出】を手放せたことです。

セラピストに【首の痛み】を訴えたところ、あるヨガポーズをすることになりました。

そのポーズを取っている最中に首筋から右脇のあたりが痛み出し、同時に【悲しい思い出】が頭に思い浮かびました。

そのまま、自分の思うままに呼吸を続けると、今度はその痛みと悲しい思い出が消えてきました。

二つ目のギフトは【悲しみを乗り越えて、あたたかいパワーに変えることができる】という自信です。

首筋から右脇の痛みが消えた後、左掌が段々と温かくボールを握っているような感覚になっていきました。

一旦、そのボールを握り潰してみると、また丸く温かいボールが表れてくるのが分かりました。

その時、【どんなことが起こっても、何回でも、あたたかい気持ちやパワーで溢れる自分に戻ってこられるんだ】と頭に浮かびました。

そして、最後のギフトです。

すべてのヨガセラピーが終わり、セラピストと向き合って、起こった時のことを振り返りました。

わたしがセラピー中に受け取ったギフトについて話したくなったので、目をつぶったまま話し始めると同時に、涙がボロボロと出て、そのまま深い瞑想状態に入りました。

今まで瞑想をしたことはあったけれど、涙を流したり、話をしたりしたまま瞑想状態に入るなんて、ありえないことでした。

自分の体が無限に広がっていくような感覚を味わいました。

その感覚を味わいながら、セラピーを通して得た経験を 日常でもできるんだ、と体と心の深い部分で理解しました。

このセラピーが凄いのは、一時的なものじゃない、ってことです。

この経験がいつでも思い起こせて、自分に備わっている力だって思えたことは最高のギフトでした。

セラピー自体は、難しいものではありません。大事なことは、自分の心に正直になり、セラピストを信用して頭に浮かんだことを伝えることだと思います。ぜひ、この体験をたくさんの人に味わっていただきたいです。

——

セッションの体験は、その時により、その人によっても様々ですが、その時に必要なことが起こる、そう感じています。

〜サロン情報〜

Aroma Bliss Garden 恵比寿

https://www.facebook.com/aromablissgardenebisu/

Sophia Bliss 東川

http://soraone.com/

Email: saki@sophiabliss.co.jp

〜イベント情報〜

☆11月18日(土)9:30~12:00@代官山

第5回 Yoga & Aroma ワークショップ

冬の体をケア 〜温めて肩凝り解消・免疫力を引き出す〜

https://www.facebook.com/events/1972020609722942/

☆11月のヨガセラピー個人セッションのお知らせ@恵比寿

11/17(金)〜11/21(火)

http://soraone.com/2017/11/01/11月ヨガセラピー

フェニックス・ライジング・ヨガセラピーについて

http://soraone.com/top/yogatherapy/

☆プロフィール☆

札幌生まれ。Sophia Bliss(株)代表。20年間の東京暮らしを経て2015年に自然豊かな北海道東川町に移住。

企業でキャリア的な成功を目指す中で「何かが違う」と思い始めた30代の半ば。

そこから「自分とつながる」ことにフォーカスするセッションや講座、ヨガのクラスで学び始める。

自分の過去を見ていくこと、感情をリリースすることを徹底的に行うことで、現実が次々に変わっていく体験をする。

そこで「気づき」が「癒し」を起こすためにとても大切なものとして実感するように。

現在、北海道東川町と東京のサロンAroma Bliss Garden 恵比寿を行き来しながら「気づきを促す」ことにフォーカスしたヨガセラピーのパーソナルセッションや気づきのためのワークショップを行う。

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認セラピスト

#吉永早希 #ヨガ #ヨガセラピー #フェニックスライジングヨガセラピー #代官山 #恵比寿 #リアル

55回の閲覧

​SPII編集部