• spiispii

阿蘇の復興を音楽と心のケアで応援!阿蘇復興支援イベント「音楽と癒しのつどい ~笑って、泣いて、癒されて~」開催


認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会(本部:福岡県太宰府市、理事長:秋吉美千代)は、9月9日(土)阿蘇保健福祉センター(熊本県阿蘇市)において、熊本出身のアーティスト・橋本昌彦氏、酪農学園大学(北海道)とともに、阿蘇復興支援イベント「音楽と癒しのつどい」を開催します。

貴重なアカエゾマツを北海道から運び、実際に会場で蒸留してリラックス効果のある精油を作る木育や、フレッシュな癒しの香りに包まれながら受ける優しく撫でる心身のストレスケア、そして心ゆさぶる橋本さんの歌声で送る安らぎのひととき。参加費無料、市内の仮設住宅と会場間は貸切バスでの無料送迎も用意しています。 【URL.】http://ur0.link/Fjha

【実施概要】 イベント名:復興支援イベント「音楽と癒しのつどい」 笑って、泣いて、癒やされて。 開催日:2017年9月9日(土)14:00~17:00 ※13:30~受付 会場:阿蘇保健福祉センター 熊本県阿蘇市内牧976-2 阿蘇市社会福祉協議会内 参加費:無料 募集:阿蘇市内にお住まいの80名さま ※お子さまも歓迎 主催:音楽と癒しの夕べ実行委員会 後援:阿蘇市社会福祉協議会 協力:熊本YMCA、株式会社LET観光 ​【URL.】http://ur0.link/Fjha 【開催に至った経緯】 甚大な被害をもたらした熊本地震から一年半。今なお震災の爪痕の残るなか、復興に向けて頑張っている阿蘇の方々に音楽と癒しのひとときでリフレッシュしてもらいたいと、日本セラピューティック・ケア協会と橋本昌彦氏、酪農学園大学の横田博氏が支援イベントを企画。 熊本YMCAおよび阿蘇市社会福祉協議会の全面的なご協力のもと、当イベントを実現することができました。

【プログラム】 14:00~ 「木育&森の香り」 貴重なアカエゾマツを北海道から運び、会場で蒸留して、精油(アロマオイル)を作ります。生命力溢れる香りの癒し体験や、酪農学園大学の横田博教授とアロマセラピストの酒巻美子さんによる「木育」、森と人と関わりについてお話しします。

14:40~ 「癒しのマッサージ セラピューティック・ケアのワークショップ」 セラピューティック・ケアは肩や背中を洋服の上から優しく撫でることで心身を癒す、イギリスの赤十字社が考案したケア法。緊張や不安が和らぎ、肩こりや脚のむくみが楽になるなど、心身のストレスケアとして、認知症ケアや子育て支援のほか、被災地支援でも活用されています。ワークショップスタイルによる施術と多世代でのふれあいコミュニケーション体験のほか、セラピストによるマッサージも受けられます。

15:30~ 「思わず涙 橋本昌彦のこころのコンサート」 人の潜在的な心を癒すプログラムとして完成された「こころのコンサート」は、厚生労働省社会保障審議会より「児童福祉文化財」に認定。澄んだ歌声につつまれ、知らず知らずに涙があふれる、こころ洗われるひとときをお届けします。

【出演者プロフィール】 ・酪農学園大学 北海道江別市に本部を置く私立大学。横田 博教授の研究室では林野庁の助成を受け、アカエゾマツの精油によるストレス軽減作用についての研究を行っている。

・認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会 英国赤十字社の公認団体として、ボランティア活動や人材育成により日本でのセラピューティック・ケアの普及を行っている。ケアの対象者は一般の方、高齢者、障がい者、認知症の方、乳幼児~小学校低学年のお子様と保護者、自治体職員や医療関係者などあらゆる方々におよび、東日本大震災や熊本地震などの被災地での支援活動にも力を入れている。

・橋本昌彦 地元・熊本出身のアーティスト。「ぬくもりのきおく」は、親子の愛を深める優れた作品として、厚生労働省 社会保障審議会推薦「児童福祉文化財」に認定。NHK「あさイチ」にて、「思わず涙!母性震わす歌声」と特集された。

地元・熊本出身のアーティスト、橋本昌彦さん

【主催者について】 協議体名:音楽と癒しの夕べ実行委員会 所在地:福岡県太宰府市五条2-6-1-202 認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会内 代表者:秋吉 美千代 設立:2017年5月 *認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会、橋本昌彦氏、横田博氏により構成される、当イベント実施のために作られた協議体です。

【お客様からのお問合わせ・お申込先】 本部事務局 TEL:092-928-1546 (10:00~17:00 土日祝を除く) e-mail:info@therapy-care.net


6回の閲覧

​SPII編集部