• イーストホームタウン沖縄株式会社

沖縄発ウェルネスツーリズム「逃げ旅」参加者を募集。心理カウンセラーが聖地を通して女性に「生きやすさ」の思考変容を促す


「少しだけ逃げる。また挑むために。」ウェルネスツーリズムを手がけるイーストホームタウン沖縄株式会社(沖縄県南城市、代表取締役社長:相澤和人、EHT沖縄)は、南城市と連携して企画したツアー「逃げ旅」の参加者を募集しています。

本ツアーではストレス社会に生きる女性を念頭に、心理カウンセラーが同行し、沖縄の聖地でマインドフルネスを実践しながら、ストレス軽減や「生きやすさ」のための思考変容を促すプログラムです。また、地元の漁師=海人(うみんちゅ)の温かい心に触れる交流バーベキューもご用意しており、地元に密着したの旅行会社だからこそできる地域と旅の魅力を最大限にひき出す内容になっています。

【詳細・ご予約】 https://vitamin-n.okinawa/trip/nigetabi/

◆本ツアーのポイント 心理カウンセラーが同行し、聖地や自然、交流を通して参加者のストレス軽減と思考変容を促します。 琉球最高の聖地「斎場御嶽(セーファウタキ)」を巡るほか、南城市の聖地でマインドフルネスを体験します。 奥武島のウミンチュ(漁師)とハーリー体験や満月の下でのバーベキューを通して交流を深めます。

◆案内する心理カウンセラーからのメッセージ:兆しを、吉きものに。

太古の人々は、動物の骨や亀の甲を焼いて、その亀裂の形で未来を占ったのだそうです。「兆」という字は、その形をかたどり、だから「きざし」と読みます。生きていく中で「兆し」を感じるとき、だれもが希望を求め、または不安にさいなまれます。それが不安な兆しだと、人は「逃」げるのです。

けれど逃げることは悪いことでしょうか。癒しの旅を意味するretreat(リトリート)の本来の意味は「退避」なのですから。むしろ大切なのは、一時的に非日常的な環境に身を置き、兆しにむけて心と体を準備すること。変化に対応するために、自らの思考変容の準備をすることです。 心理カウンセラー 相澤和人

自分を眺(なが)め、ときには咷(な)き、姚(うつく)しいものを見て、心を洮(あら)う。また自分の人生に挑(いど)めるために。春の沖縄はあなたをゆるやかに受け入れ、あなたを本来の自分に還らせてくれるでしょう。また、琉球の聖地の数々や人々の温かな心が、多くの気づきを与えてくれます。

◆ツアーの行程 1日目(2018年3月3日):那覇市内(県庁前) = 専用車 = 那覇空港 = 昼食:Tenku terrace OOLOO(オールー) = 聖地マインドフルネス(ヤハラヅカサ、垣花樋川) = 斎場御嶽 = チェックイン:ユインチホテル南城 = 夕食:Cafeやぶさち(ワイン&月見会)

琉球の祖神が第一歩を記した聖地でのマインドフルネス

2日目(2018年3月4日):朝ヨガ = 朝食:ホテル = ガンガラーの谷 = 昼食:くんなとぅ = 海人体験(ハーリー) = 夕食:海人青年会交流バーベキュー = 那覇市内 = 那覇県庁前(21:30到着予定)

海人の島・奥武島(おうじま)ではハーリー体験とバーベキュー

◆募集要項 実施:2018年3月3日(土)〜4日(日)(1泊2日) ご乗車地:沖縄県庁前(集合10:45) / 那覇空港到着口Bロビー(集合11:15) 利用バス会社:東陽バス 宿泊場所:ユインチホテル南城(沖縄県南城市佐敷字新里1688) 参加料:46,000円(お一人様・税込) 2~4名様部屋になります。1名様参加の場合には相部屋になりますが、相部屋希望者がいない場合もしくは1名様のお部屋希望の場合シングルアップ料金はお一人¥7000になりますのでご了承ください。 航空券及び前後宿泊は料金に含まれませんので各自で手配をお願いします。 代金に含まれるもの:貸切バス代、宿泊代、入場料・体験代、講師代、食事代(朝1回/昼2回 / 夕2回)、夕食の飲み物代 代金に含まないもの:個人的諸費用 募集締切:2018年2月17日(土) 定員:30名様(最少催行人数15名)

◆詳細・ご予約方法 詳細およびご予約は南城市ご予約サイト「ビタミンN」をご確認ください。

https://vitamin-n.okinawa/trip/nigetabi/

◆南城市について 県都那覇市から東へ約12kmに位置し、三方を海に囲まれた風光明媚なまち。地形がハートの形をしていることから「ハートのまち」として知られます。琉球開びゃく神話が多く残り、各地に聖地が点在する。斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球王府から最高の聖地として見なされ、ユネスコ世界遺産にも認定されました。ニライ橋・カナイ橋や知念岬公園など、沖縄県内屈指の絶景スポットも人気。

#マインドフルネス #ストレス軽減 #カウンセラー #ヨガ #旅 #パワースポット

6回の閲覧

​SPII編集部