• 株式会社ダイナビジョン

あなた本来の輝きを取り戻す スピリチュアルご自愛メソッド 1DAYワークショップを6/13(火)に開催


~肉体にあるネガティブなエネルギーを綺麗さっぱり洗い流し、内側から輝く自分になる~

ドルフィンスターテンプル®ミステリースクールの講師MIKAが送る特別企画。

身体にたまった疲れや、コリ、ストレス、ネガティブな感情を根こそぎ洗い流し、

細胞本来がもつ力を目覚めさせていく 自宅で簡単にできる『セルフケア』を学ぶ1DAYワークショップ

●こんな方におすすめです

自分の感情がわからない

自己信頼を取り戻したい方

自分軸をもって、自分の望みを叶えたい方

安心感を感じたい

アンチエイジングを手に入れたい

●なぜ、身体のケアが大事なのか?

それは、身体には過去の記憶や、 感情を記憶する性質があるからです。

日常の中で感じた不安やストレスなど消化されていないネガティブな感情は

筋膜の癒着となって疲れや、コリとして身体にとどまってしまいます。

定期的にケアをすることで身体に溜まっていたネガティブな感情が洗い流されいくのです。

そして・・・

あなたの身体の周波数は高まり、<ライトボディ>へと変わっていくのです。

ライトボディとは、 肉体やチャクラ・オーラ・魂の領域にある高次のエネルギー体。

肉体の内側と外側からでて形成されている。

ライトボディが目覚めることで、宇宙や高次元との繋がり一体となりながら意図を具現化していけるようになる。

身体には、

身体が整うことで心も癒され、あなた本来の神聖な自分が発揮しやすくなるのです。

ドルフィンスターテンプル®ミステリースクールの中で 最も身体のことを熟知し、細胞のクリアリングを得意とする講師MIKA

自らも身体のセルフケアを日々実践し、若さを保っています。

細胞活性化・若返り1DAYワークショップでは、 誰でも簡単にできる身体の『セルフケア』を学んでいきます。

あなたも究極のアンチエイジングを手に入れませんか?

●ワークショップの内容

メソッド1 あなたの<たましい>の声を聞く

肉体を通して潜在意識にアクセスする方法を学びます。

深い誘導瞑想をとおして、あなたの内なる声が教えてくれること、あなたの身体、ハートの声を聞くこと を体感していきましょう。自分と深くつながる瞑想を受け取ることで、あなたの潜在能力を開花させていき ます。

メソッド2 オーラを本来のあなたにエネルギーで満たす

オーラ全体に光を注ぎ、保護する方法を学びます。

環境や人からのネガティブな影響を受けないようにするための方法を学んでいきます。

オーラを本来のあなたのエネルギーで満たすことで、あなたの望みが叶っていくのです。

メソッド3 クリスタルを活用したヒーリング

クリスタルのエネルギーを活用して、100%才能あふれる自分を発揮していくためのヒーリングを 学んでいきます。

「あなたは誰?」

本当の自分、あなたの<たましい>の声に耳を澄ませることで人生は一瞬で変化します!

あなた自身を大切にしていますか?

他人に振り回されてはいませんか?

あなたの内なる声が教えてくれること、 あなたのからだ、たましいが教えてくれることに耳を澄ませると、 平安と豊かさに満ちた人生への旅が始まります。

リズ・ブルボーが20年以上世界中の人々に伝え続けてきたことの真髄となるワークショップ。

彼女のワークショップは、体・感情・思考・精神全てに変化をもたらし、全存在レベルを上げる内容となっています。

あなた本来の輝きを取り戻すスピリチュアルご自愛メソッド1DAYワークショップ

お申込み詳細について

日  程:2018年6月13日(火) 10:00~18:00

参加費用:通常価格33,000円 ⇒キャンセル規定はこちらから

講  師:DST認定講師 MIKA

会  場:CROSS COOP (青山) 9階 セミナールームフロア

     東京都港区北青山2-7-26 Landwork青山ビル(旧:ヒューリック外苑前ビル)【地図はこちら】

持 ち 物:筆記用具、お水等の飲み物をご持参下さい

キャンセル:お申し込み後は、いかなる理由におきましても100%のキャンセル料金が発生します。       詳細はこちらをご覧ください。「キャンセル規定はこちら」

お問い合わせ:ご質問がございましたら、お電話かメールでドルフィンスターテンプル事務局までご連絡ください。        お電話:03-3791-8466 (受付時間:月~金 11時~18時)

       メール:dstj@dstjapan.com 件名:1DAYワークショップ

#ワークショップ #スピリチュアル #エネルギー #セルフケア #チャクラ #オーラ #ヒーリング

7回の閲覧

​SPII編集部