【川越プリンスホテル】“近場旅”で新たな地元の魅力再発見。日本の習わしを謎解く川越 「神社 ・ お寺体験ツアー」

川越プリンスホテル(所在地:埼玉県川越市新富町1‐22 、総支配人:高橋 禎久)は 、小江戸川越の古き良き地域特性を生かし、 “近場旅”で新たな地元の魅力再発信と観光の活性化を願い川越の歴史や文化、グルメなどを楽しめる地域連携をした 特別な 宿泊プランを企画しました 。


名称は「神社・お寺体験ツアー~ダイエットウ オ ーキング付き~宿泊プラン」。ガイドは川越観光親善大使やコエドフレンドリーガイドが務めます。2020年10 月3 日(土)にお寺体験 、4 日 (日)に神社体験の1 泊2日を第一回として、2021 年 3 月 31 日(水)まで毎月2 回開催予定で販売いたします。


この宿泊プランは、川越観光親善大使(ヴェソラウスキー阿里耶)とコエドフレンドリーガイド、 川越プリンスホテルが共同で企画し、川越氷川神社と養寿院に地域連携でご協力いただきました。 ツアーコンセプトは「日本人はなぜ神社とお寺の両方に行くのか?」。神社とお寺はどのような場所なのか。神職や僧侶は日々何を思い、どのようなことをされているのか 。寺社での座禅・ご奉仕体験等を通じて神道と仏教それぞれの素晴らしさ、違い、共通点を体感していただけます。


参拝作法イメージ



◆◆【 神社・お寺体験ツアー ~ダイエットウオーキング付き~ 宿泊プラン 】概要 ◆◆


【期 間】2020年10月3日(土) ~ 2021年3月31日(水)

※第一回 2020年10月3日(土)・4日(日)の1泊2日


【料 金】1名 さま¥14,516 より (1室2名さまご利用時)

※上記料金には、1泊室料、朝食、ガイド料(ツアー保険料含む)、サービス料、消費税が含まれております。

※寺社への 燈明料・初穂料はツアー料金に含まれておりません。 各施設につき¥1,000をご用意ください。

※参加者さまは3~ 12名とさせていただきます。

 (3名以上に達しない場合はツアー中止とさせていただきます。)

※企画内容により、18才以上のご参加とさせていただきます。


【内 容】

≪1 日目≫ 養寿院にて、座禅や住職の説法 他

≪2 日目≫ 氷川神社にて、神職体験と参拝作法・宮司による境内 案内










座戦イメージ


◆◆◆◆◆ 【 当日スケジュール詳細 】 ◆◆◆◆◆

≪1 日目≫【曹洞宗 青龍山 養寿院体験内容】

① 1:30P.M. ホテルフロント集合

②川越の街歩き観光をしな がら移動

※令和から江戸時代へそれぞれの時代を感じられるタイムスリップルートで移動

※雨天はバス移動(運賃は別途 掛かります。各自ご用意ください。)

③3:00P.M. 養寿院着

※座禅体験 ※住職説法 他

④5:00P.M.頃 自由時間

※夜のおすすめスポットや地元で人気のグルメ等をご紹介

曹洞宗 青龍山 養寿院             ⑤川越プリンスホテルにて宿泊

____________________________________ 

≪2 日目 ≫【川越氷川神社体験内容】

① 7:25A.M. 朝食後(事前に各自朝食をお済ませください)ホテルフロント集合

②早歩きダイエットウオーキングで氷川神社へ 。

※痩せツボを刺激する運動をしながらのウオーキング

※雨天はバス移動(運賃は別途 掛かります。各自ご用意ください。)

③8:00A.M. 氷川神社着

※神職体験 ※参拝作法 ※宮司による境内案内 他

④10:00A.M.頃 現地解散

川越氷川神社外観

____________________________________ 

【 体験する神社とお寺の紹介 】

■曹洞宗 青龍山 養寿院 ■

養寿院は曹洞宗に属し山号を青龍山と称する。

寛元二年(1244年)、秩父平氏の末裔河越次郎経重公(遠江守)が開基となり、大阿闍梨圓慶法印が開いた古刹である。本尊は釈迦牟尼如来(華厳の釈迦如来)、脇侍に観世音菩薩・弥勒菩薩を配し、「三世佛」の扁額を掲げる。開創当初は台密の寺(天台系密教寺院)であったが、天文4 年 (1535年) 時の住職隆専上人が、曹洞宗太源派下扇叟守慶和尚の道風を慕い寺を付属し禅宗寺院となった。

三世尭室存舜和尚の時代、徳川家康公ご来駕の折、御朱印十石を賜るなど歴代川越城主の信仰も篤く多いに栄え、かつては曹洞宗専門僧堂(修行道場)として多くの人材を輩出した禅寺である 。


養寿院URL  https://yojuin.or.jp/


■川越氷川神社■

今から約千五百年前、古墳時代の欽明天皇二年に創建される。室町時代の長禄元(1457 )年、太田道真・道灌父子によって川越城が築城されて以来、城下の守護神・藩領の総鎮守とて歴代城主により篤く崇敬された。江戸時代に入 ると歴代城主より社殿の造営や祭具の寄進など特別の計らいを受けた。秋の例大祭「川越氷川祭(川越まつり)は現在、国の重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産に登録されている。また、夫婦と家族の神様をお祀りすることから縁結びの神様としての信仰を集める。


川越氷川神社URL  https://www.kawagoehikawa.jp/


【お客さまからのお問合せ・ご予約】

川越プリンスホテル営業(宿泊)TEL:049-227-1118 (直通)

または https://www.princehotels.co.jp/kawagoe/plan/temples_and_shrines2020/

​関連記事

​SPII編集部