【易から占う2021年】今までの価値観が変わる革命の1年の始まり



「恐ろしいほどよく当たる」と口コミで人気の占い師が集まる占いの館千里眼所属の一休(いっきゅう)先生が占う2021年の運勢。わたしたちの生活はどんな変化があり、どんなものが流行するのかなど、東洋占術で占ってみた結果をお伝えします。


五行論、四柱推命、周易を軸に、東洋占星術の観点から2021年を総合的に観てみました。



1、 2021年は革命の年となる

2020年はコロナウィルスのため、社会が急速にデジタル化へと変革の第一歩が始まりました。


2021年を易で占ったところ、[沢火革]がでました。[沢火革]、それはまさしく[革命、改革]です。

大きな革命の第1段階の始まりです。2020年の変化はあくまでも地ならしです。

その改革、革命は資本主義の終焉をもたらし、次の経済構造への変化が目的です。


その改革は2021年から2023年ころまで続きます。

その第一段階が2021年です。とても大変なことが起こります。

今までの価値観、土地への信頼、常識が強引なまでに変更を強いられる一年です。

貧富の差のさらなる拡大、ベーシックインカムの導入論議、預金封鎖の可能性、

大災害、戦争など備えておく必要はあります。世界は保守化へと進みます。



2、 2021年、何が起こる?

後年の歴史家は必ず、2021年を2001年、2011年と並べて語ります。

2001年はニューヨークのツインタワー爆破事件。2011年は東北大震災。

専門的な話は省略しますが、命式に共通点があり、2021年はそれらと比較しても十分に恐ろしさを秘めています。


2021年1月から3月までは、コロナ、そして変異のニュースなど今年と変わらない感じですが、2月、3月はITにおける変化が加速するようです。3月は地震に注意です。

4月は日本において、とても重要でターニングポイントとなる月になります。

令和に入っての、最初の大変革が起きます。それは大災害かもしれません。

5月はすこし落ち着くようですが、6月からきな臭くなります。

7月、8月、9月が問題なのです。とくに7月が危ないです。9月も戦火を連想させます。


2021年が2001年、2011年と比較される要素はそれら月に起こることではないかと考えます。

大災害、そして戦争の可能性です。想像のつかない事態かもしれません。

もしオリンピックが行われるなら戦争は回避されうる可能性があります。

戦争はオリンピックにおける国同士の競技に置き換えられるからです。


10月はそれらの解決に向かおうとする月のようです。11月は11日がターニングポイントです。12月は1月から11月までの回復、そしてIT社会への変化促進が見て取れます。


3、 どうすべきか

我々は、2021年をどのように過ごすべきか。

情報を鵜呑みにせず、自分の頭で考えるということが鍵です。


また周囲に踊らされず、大事にすべき価値観、守ってきたものを守り通す強い意志、心が大事になります。そして、特に生き残るためには[水]が鍵となります。清い水がでる土地がとても貴重になります。


経済システムは、資本主義の終焉、そして新しい経済システムへの移行が庶民にも感じられる段階に来るでしょう。

その経済システムはIT化された社会主義に近いものかもしれません。


またスピチリュアルな事項への関心がものすごく高まります。


4、 流行など

流行するものを易で見たところ、酸味のある飲み物(アルコールかも)が女性を中心に流行るようです。食べ物は、真ん中に穴が開いてて外がカリッとしたものに人気が集まりそうです。

旅行は、国内旅行の需要が急増します。近場の家族での小さな旅行がポイントです。


流行する音楽は小人数のポップグループ、2,3人のグループが流行ると出て

います。

流行するファッションは、トラディショナルな感じです。また流行る色は、黄色、茶など落ち着いた色です。


芸能界では、知的な美女が再婚する話題がありそうです。

団結、信頼の大事さ、協力しあうことの大事さを売りにした文学作品、漫画なども流行の兆しと出ています。


■占い師:一休先生

占いの館千里眼広島エリア所属の占い師。易などの東洋占術をメインとして占う。救命星と呼ばれる人生を完全に好転させることができる星を使い、鑑定後はまるで魔法のように状況が改善するとのクチコミも相次いでいる。


一休先生と占うには・・・

占いの館千里眼 本通駅前店

〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町2丁目3-26 革屋町ビル7階

営業時間:10時~20時(最終受付)

問い合わせ:050-2018-3433

​関連記事

​SPII編集部