​SPII編集部

「気づき」をあなたに~見えないものが見える本 発刊

2016/05/11

2016年5月20日(金)株式会社青萠堂より、『上江洲義秀の解答「気づき」をあなたに~見えないものが見える本~』が発刊予定です。同書は、孤高の岬で十数年間の《明想》を続け、覚醒した、上江洲義秀の言霊集。悩みや不安が消えて大切な自分が見えてくる。あなたの中に「気づき」のチカラが生まれる。伝説化した霊的能力を持つ上江洲義秀、初めての本です。人生のなぞが次々と解ける本。 数々のベストセラーを世に送り出した精神科医、越智啓子さん、推薦の本となっています。

 

誰もが感じる「目に見えないもの」への素朴な疑問を上江洲先生に問い、それに答えるという形式をとっています。本書の解答は、先生が日々のお話の中で語られるいくつもの至言が随所に散りばめられており、読む人にとって何らかの「気づき」になるものがあると思います。上江洲先生の言霊は力強く、繰り返し読みハッとすることがあれば、その人の波動が変わり、勇気が湧いてくるのを実感できるはずです。

 

<書誌情報>
タイトル:「気づき」をあなたに~見えないものが見える本
出版社: 青萠堂
判型/仕様:四六版・単行本(ソフトカバー)
発売日:2016年5月20日(金)発刊予定
定価:1,200円(税別)

 

 

【上江洲 義秀(うえず よしひで)プロフィール】
1950年沖縄の北谷町に生まれる。幼少の頃から霊的能力に目覚め、様々な現象を周囲の人たちの前であらわす。
1965年、アルゼンチンに渡っていた祖父の元に家族と移住。1972年までおり、22歳の時に帰国。 明想中に内なる声に導かれ、宇宙意識に到達。さらに真栄田岬にて十数年間、終夜明想を続け、完全覚醒。
1988年から山梨県に移り、そこを拠点として、日本全国、海外で光話、明想、ヒーリングを続ける。

 

編者紹介:ラウル イクセンバーグとスピリチュアル研究会
幼くして世界をめぐり、日本と世界の文化交流に興味を持ち精力的に活躍する。一方で、精神世界やスピリチュアルにも造詣が深い。大学院修了。政治学修士。日本はもとよりアメリカ、ブラジル、中国など10数ヵ国を行き来する。日本国籍の国際的な視野を持つエッセイスト。

上江洲義秀先生に出会い、感銘を受け、畏敬とともに本書をまとめるために精魂を注ぐ。ラウル氏は本書のために、特別にスピリチュアルの研究プロジェクトを中村崇氏を中心に組織した。著書に『スピリチュアル地図の読み方』『スピリチュアルドリルの解き方』(共に小社刊)などがある。

 

●関連サイト http://www.seihoudo.com/bungeiessei2.html

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事