​SPII編集部

究極の癒し「シロダーラ」の脳内ヒーリングで 脳から、心と体を徹底クレンジング

 

「3つ数える間に息を吸って、4つ数える間に息を吐いて・・・」ベッドに横になり、今日のセラピスト・奈良崎さんの言う通りに呼吸を続けます。「4つ数える間に息を吸って、5つ数える間に息を吐いて・・・」

 

数分の間の出来事だったと思います。気づいたら、私は数を数えられなくなり、意識しても、言われた通りの呼吸ができなくなっていきました。そして、いたのは真っ暗なのだけれど、暖かい洞窟の中・・・。今日は、脳と体を切り離せすことで、究極に脳をリラックスさせる状態を体験できる、「脳内ヒーリング」のお話です。

 

 

脳が仕事をしていない、究極のリラックス状態に

目が覚めて、いや、眠っていたのかどうかさえ…ふと気づいたら、そこは洞窟ではなくて、奈良崎さんのサロンのベッドの上でした。

―あの、私眠っていたのか、なんだか、暗くて暖かい洞窟みたいなところにいた気が…―

「きっとそこにいたのよ。ピラミッドの中で寝ていた方、森の中、宇宙などみんなそれぞれ、何か必要がある場所へ行くみたい」

 

この不思議な現象がなぜ起こったのか、奈良崎さんは丁寧に説明してくれます。「私たちが歩く時、脳が指令を出して歩いているわよね。食べたり、飲んだり、すべての動作は脳から指令を出されているの。さっきのように、秒数や深さを指定すれば呼吸さえ脳の指令で行うわよね。でも、心臓はどうかしら? 心臓だけは、脳が動かそうとせずとも動きます。その状態を作ったの」

 

―呼吸が途中から、コントロールできなくなって…―
「そう、寝ていたような、寝ていなかったような、意識があるような無いような感じがするのはそのせいよ。さっき、洞窟にいた時の状態は、心臓が体の機能として動いているけれど、他の一切の臓器や筋肉に脳が指令を出していないの。つまり、脳が仕事をしていない状態。これこそ、究極のリラックス状態なのよ」

 

その間、私は「シロダーラ」(アーユルヴェーダの手技)を受けていたのですが、オイルの感触も消え、表現するなら“無の状態”に入っていきました。

 

 

触っただけでわかる不思議な体験?!

 

 

シロダーラに入る前に、気功で整体とチャクラの調整をし、バランスを整えていただきました。その上で リンパマッサージを受け全身の廻りを整えて頂いたのですがその時にも、不思議な体験をしているのです。

「さくらさん、ちょっと左足の筋肉…なんか伸びている?」
―そ、そうですか?―(内心、ドキリ!!)実は、この取材前日、フットサルで左足の筋肉をいためていた私。とくに問診でも言わなかったのに、なぜわかるんだろう…

―あの、スポーツしていて…―
「痛みをかばって、 バランスが悪くなり、身体がねじれていたのね」治っていく体の歪みを、時には目で確認させてもらいながら、施術が進められました。

「初めて来ていただいた方には、こうして結果を早めに見てもらうのが早いの。ほら、今内臓も上の方にあげたから、ウエスト細くなったわよ!」
―脇腹がすっきりしてる!!―
「胃が下に降りると食欲が強くなりすぎて、それが食べ過ぎにつながり、重くなった胃がすい臓や腎臓、腸に影響するんです。だから、本来あるべき場所に内臓を戻して、それを癖にしてあげることはとっても大事よ! こういう調整が、病気にないように、必要な調整なのよね」

 

 

気功と整体後、シロダーラの世界へ

 

 

​​身体を触りながら、気になるところを気功と整体で癒していきます。実際に施術で現れる身体の変化を見せてもらえるので、自分の身体と向き合う時間になるとともに、奈良崎さんとの距離感が縮まり、安心して施術を受けられます。

 

「身体を壊す事を 病 と言いますが 病体 とは言わないよね。病気「気」と言います。気が何処かで滞っていたり、気が弱くなったり することを生命エネルギーが落ちると考えてください」

 

「気ってなあに?」「経絡ってなあに?」というビギナーさんでもご心配なく。触ってもらいながら、気が流れ、エネルギーが増して行く 瞬間をきっと味わえます。

 

「うん、ずいぶん歪みも取れて、流れてきたわね。それじゃあ、シロダーラにしましょう!」と、私はシロダーラの世界へ飛び込んでいくことになったのです。

 

 

気になる施術の流れは?

 

 

​​全身、オイルを使用しての通常コースは所要時間2.5~3時間。
1)問診
2)触診 しながら 気功で整えていく。
3)リンパマッサージ(薬草オイル使用)
4)シロダーラ(脳内ヒーリング)の順に進んでいきます。

 

体のマッサージから、最終的には脳をヒーリングしていく奈良崎さんの施術は、体のリラックスはもちろんできますが、脳内をクレンジングしたようなすっきり生まれ変わったような感覚に。

 

 

ここからがスピリチュアルポイント!

 

 

​​「私たちの体や人生って、ほとんど脳が作っているようなもの。だから、脳を癒したりストレスを改善したりするってとても大事なことなのよ」

 

もともと、アナウンサーやタレント、MCの経験を持つ奈良崎さん。何だかお話ししているだけで、目をつぶっていてもその声から癒されているのですが、オイルを使って頭皮を触ってもらうと、何だか自分が裸になったような気持ちに。

 

「頭って、その人の人生そのものが見えてくる場所。さくらさんがそう感じるのも自然な事ですね。脳が人生を作り、声や話し方はその人の雰囲気を色彩かのように伝えます。だから、悩んでいることがあれば、なんとなく手から伝わってくるんです」


現在、ハワイ州立可能生科学大学にて脳科学も学んでいる奈良崎さん。“脳”を癒せるヒーリングをとシロダーラを取り入れられるようになったのだとか。

 

「スリランカで厳選した薬草を使用した専用のオイルを、額にあるツボに当てていきます。すると、脳と流れていくオイルが一体になり、瞑想状態に入ることができます。その時に、体だけでなく心や脳のデトックスができるんです」


なぜシロダーラなのか、体験後にはその必然性が理解できたように思います。オイルはサッと流していただき、ドライヤーで乾かせば不快感ない水溶性のオイルでした。身体の不調だけでなく、心の不調を整えたり、心に何かモヤモヤを抱えてしまったら、奈良崎さんにまた癒してもらおう! まるで、心も身体もクレンジングできたように身軽。帰宅する途中、気づくと駅の階段を軽快に登っていたのでした。

 

 

ライター:鈴木さくら
30代前半、スピリチュアルサロンで体調や心を整え、日々、取材に励む。体調管理は気功、心の調整はタロットカード。たくさんの女性が元気になれるサロンを紹介していきます!

 

 

 

ライターから一言

体を触っただけで、痛めている箇所がわかるということに驚きました。シロダーラは、もうポピュラーなものになっていますが、ストレスの多い現代、脳のデトックスも必要なんだなーと改めて感じました。

 

 

 

まとめ

気功とリンパマッサージに加え、シロダーラで脳内ヒーリング。体と気と脳、全身の内側と外側双方からデトックスできる至福の時間を過ごせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事