¡Buen Suerte !vol.3~スピリチュアルボディーヒーラーAyako~

スピリチュアルボディーヒーラーAyakoです。旅は人生を楽しむ為のスパイス。実はそのスパイスにスピリチュアルな出来事は欠かせないのです。私が体験した「スピリチュアルな旅」の出来事をお話ししていきたいと思います!¡Buen Suerte !ブエン・スエルテ(スペイン語で「幸運を」ここでは「良い旅を」という意味で使用)

第3回 アメリカ・ソルトレイクシティー・ダウンタウンでの出来事

前回はユタ州にあるソルトレイクに付いてお話しましたが、今回はモルモン教の総本山の街・ソルトレイクシティーの中に佇むカトリックの教会「マドレーヌ教会」に導かれたお話です。

予定を早く切り上げた日、私は午後から独りでソルトレイクシティーのダウンタウンを観光していると、ふっと目についた美しい教会が私を呼んでいる気がしました。ソルトレイクシティーと言えばキリスト教系のモルモン教の総本山なので、モルモン教徒でも、キリスト教徒でもない私でも、素晴らしい建物があると聞いたので、行ってみたいと思っていました。

もしかしたら、あんなに美しい教会だから、モルモン教の建物なのかも・・・と思い歩きだしてから20分。なかなか大きく立派な教会です。中に入ってみたかったのですが、てっきりモルモン教の教会だと思っていた為、エントランスから窓ガラス越しに中を見るだけにしました。(モルモン教の寺院は勝手に入ってはいけないそうです。)普段はその場でどういう教会なのか調べますが、その日はなんだか面倒になり素直に帰りました。

しかし、次の朝、何気に会場へ向かう電車の中で、何故かまたあの教会に呼ばれた気になりGoogleで調べると、この街には珍しい「カトリックの教会」だと知りました。それも、マグダラのマリアを信仰の対象にしている珍しいカトリックの教会とも。私はマグダラのマリアが大好きで、2年前に巡礼したスペインはカトリックの教会が多いので、この教会にどうしても呼ばれていると感じ予定を変更。またまた独りでマドレーヌ教会へ行く事にしました。

カトリックの教会なら誰でも入ってお祈りができる為、祭壇の近くに座り瞑想をしました。すると、何故か涙がポロポロとこぼれてきます。心に浮かんできたのは、そうだ、2年前の今頃、スペインのカミーノ巡礼を始めた頃だと。やはりイエス様・マリア様にここの教会へ呼ばれたんだと感じました。

私の事を「良く頑張ってるし、素晴らしい存在だ」と認めてもらったようで普段の自信のない自分を癒して頂きました。しかも、教会の方がパイプオルガンの練習を始められ、美しい音色をマグダラのマリア様と一緒に聞けるサプライズも頂きました。やはり、私の感は正しい(笑)

次回は、ソルトレイクシティーから聖なる山・湖への旅でセドナのボルテックスを超える?! バツグンのパワースポットを発見の旅のレポートです。

エナジーボディーヒーラーAyako プロフィール 小学生までは祖母の影響でお寺によく通っていた。その頃、お遍路さんに対するお接待の心を知る。 思春期の頃は周囲の大人の考え方(特に教師)に馴染めず劣等感の塊で過ごす。 大学生で出合った沖縄へのフィールドワークで自分に自信というものが芽生える。 卒業後、突然の人生の転換期を迎え、自分を見失い鬱状態になる。 鬱状態から自分の力で抜け出した時にスピリチュアルヒーリングと出逢う。 現実社会とスピリチュアルの「中庸」をモットーに地に足の着いたスピリチュアリストを心がけている。

アクセス方法 Mail:pananu.wata@gmail.com HP http://pananuwata.web.fc2.com/ Facebook https://www.facebook.com/pananuwata/ アメブロ https://ameblo.jp/pananuwata/

​関連記事

​SPII編集部