¡BuenSuerte !vol.22~スピリチュアルボディーヒーラーAyako~

スピリチュアルボディーヒーラーAyakoです。

旅は人生を楽しむ為のスパイス。実はそのスパイスにスピリチュアルな出来事は欠かせないのです。私が体験した「スピリチュアルな旅」の出来事をお話ししていきたいと思います!

¡BuenSuerte !ⅰブエン・スエルテ!

(スペイン語で「幸運を」ここでは「良い旅を」という意味で使用)

第22回  龍の神様のお手伝いをした話・・・⑨猿田彦さまと蛙に導かれてお伊勢参りに2

実は「龍の神様のお手伝いをした話」を書くにあたり、過去の日記を見直したら、なんとこのシリーズ2011年から2013の3年かかっておりました。シリーズ最初に1年と書いてしまいました。失礼致しました。どうぞお付き合いください。

まずは、お伊勢参りの前に禊をしたので、今回は二見興玉神社→外宮→猿田彦神社→内宮→月讀宮→倭姫宮→月夜見宮→(内宮2回目)→おかげ横町を巡りました。

朝、伊勢市内に入りまずは外宮から出発です。下宮で御垣内参拝(正式参拝・特別参拝)を予定していたのでスーツに着替えました。

神楽殿で申し込みを済ませ、いざ特別参拝へ。伊勢神宮の下宮と内宮は、お賽銭箱からの奥は一般人には直接拝見するのは恐れ多いそうで、絹の布が掛かっています。

特別参拝ではその布の奥まで進み宮司さんに塩でお清めの後『二礼二拍手一礼』を行い参拝しました。ご祈祷ではないので時間は短いですが、極度の緊張と玉砂利のせいでヨロヨロと歩き、正宮を後にしました。

本当は内宮でも特別参拝をしたかったのですが、今回は外宮にご縁があると感じこちらのみとしました。

下宮は陰のエネルギーがあるそうですが、まさに全体的にそんな感じ。

参拝を終えて境内を散策していると、外宮で有名な『三石』があり皆さん手をかざしていました。エネルギーが強いらしく温かさを感じるようです。私には、すごく大きな光の柱が立っているようで、外宮はコチラと旗がたっている気がしました。まるで宇宙にこの場所を知らせるような感じです。

続いて『亀石』の可愛さに目を奪われながら、御正宮から北御門へ向かう途中に小道を発見し、呼ばれる様にそちらへ行ってみました。外宮と内宮には、何の神様なのか書いていない御宮も点在していて、地元の方や警備の方が次々と回っていらっしゃいますが、観光客はあまり来ていません。うっそうとした大木と緑の木々の中での突然、何故か『君が代』が歌いたくて!一人になった瞬間に歌ってみました。

何だかこちらの神様とも心が通じ合えた様に感じた出来事でした。

帰り道、北御門鳥居へ歩いている時、個人的な素晴らしいメッセージを頂き、気持ち良く外宮を後に致し、次の『猿田彦神社』へ向かいました。

この日も曇りで猿田彦様に着く頃には曇天模様。うーん大丈夫かなぁーとお参りをしていると、とうとう降って来ました。しかも激しい。傘は持って居ましたが、少し止むまで猿田彦様の境内で待たせて頂きました。

しかし、この足止め!のおかげでご縁の強い猿田彦様とじっくりお顔合わせをする機会を頂きました。バスで巡るので滞在時間は殆んど無く計画していましたが、雨で足止めが境内で猿田彦様のエネルギーをたっぷり頂いて1時間程お邪魔させて頂きました。

そしていよいよ内宮の参拝です。

エナジーボディーヒーラーAyako

プロフィール

小学生までは祖母の影響でお寺によく通っていた。その頃、お遍路さんに対するお接待の心を知る。

思春期の頃は周囲の大人の考え方(特に教師)に馴染めず劣等感の塊で過ごす。

大学生で出合った沖縄へのフィールドワークで自分に自信というものが芽生える。

卒業後、突然の人生の転換期を迎え、自分を見失い鬱状態になる。

鬱状態から自分の力で抜け出した時にスピリチュアルヒーリングと出逢う。

現実社会とスピリチュアルの「中庸」をモットーに地に足の着いたスピリチュアリストを心がけている。

そして大の旅好き。時々土地の神様達にお呼ばれする「旅」があり、自分では何故行くのか、わからない状態に困惑する時も多々あり(理由は旅が終わってから気づきます)

アクセス方法

Mail:pananu.wata@gmail.com

HPアドレス https://pananuwata.amebaownd.com

Facebook https://www.facebook.com/pananuwata/

アメブロ https://ameblo.jp/pananuwata/

​関連記事

​SPII編集部