魂レベルで自分を知る技術 vol.5 ~キネシオロジスト大根田香織~

はじめまして、大根田香織です。私は潜在意識と対話できる「キネシオロジー」という技術を使って、一人一人が魂レベルで望む生き方を現実化するためのお手伝いをしています。こちらのコラムでは、魂レベルで望む生き方を始めるための最初のステップ「自分を知る」ということにフォーカスし、そのヒントとなるようなエピソードの共有や考え方のご紹介などをしていきます。どうぞお付き合いください。

vol.5 才能とはその人にとっての「当たり前」 ~才能に気付くSTEP~

ボイジャータロット「太陽」

前回は、才能とは、自分にとって当たり前にできることで、自覚しづらいものだというお話をしました。

では、自分の才能に自覚的になるには、どうしたら良いのでしょうか。

STEP1.自分が「できること」「得意だなと感じること」を書き出してみます。

・日常生活の中でできること

(私の場合)こどもとしっかり向き合うこと・旦那さんにマッサージすること・自分たちにぴったりの住まいを見つけること・必要な情報を収集すること

・友人関係の中でできること

(私の場合)友人の相談に乗ってアドバイスをすること・友人が必要としている情報を伝えること

・仕事や社会活動の中でできること

(例)時間のかかる作業を効率化すること・人に仕事をわかりやすく教えること・独創的なアイデアを元に仕組みをつくること

・自分自身のことでできること

(私の場合)自分を客観視すること・他人に対して寛容であること・誰とでもコミュニケーションできること・見える世界と見えない世界を一緒に見ること・自分の内面を深く探求すること・未来のヴィジョンがみえること

STEP2.身近な人に対して、自分がやっていることで「うれしく感じること」と「もっとやればいいのにと思っていること」を聞いてみる。

・人から「うれしく感じる」と言われたこと

(私の場合)アドバイスをくれる・何かを教えてくれる・しっかり向き合って相談に乗ってくれる・知らないことを教えてくれる・決断が必要な場面で決断してくれること

・人から「もっとやればいいのに」と言われたこと

(私の場合)ビジネスとスピリチュアル両方に対応できるコンサル・自分の持っている知識を人に教えること・スピリチュアルに振り切ったセッション・仕事でお金を稼ぐこと

STEP3.1と2ででてきた事で、自分が気になったキーワードピックアップします。

(私の場合)情報・教える・伝える・アドバイスをする・向き合う・仕事・スピリチュアル

いかがでしたか?私の場合は、情報を取り扱うこと、人に何かを伝えること、人と向き合うこと・・・といった辺りに、自分の才能が見え隠れしています。また自分の才能を活かす場所として、仕事とスピリチュアルという分野がテーマになりそうです。

次回は、自分の「才能」の発揮の仕方についてお話したいと思います。

大根田香織(キネシオロジスト/「自分を知るレッスン」主宰)

<プロフィール>

福岡県出身。東京工業大学卒。2000年に株式会社リクルートに入社。会社員として仕事一辺倒だった私は、2009年の長男の出産を機に、家族との生活に目を向けるようになり、そして、自分がどうなりたいかを深く考えるようになりました。そこから、自己探求の道が始まり、出会ったのがキネシオロジーです。

​​

いまはキネシオロジーと各種ツールを組み合わせて、魂レベルで自分を知ることをお手伝いする【個人セッション】と、自分自身で解決できることを増やすための技術(キネシオロジー、ボイジャータロット、数秘、経営ゲームなど)を教える【講座】を行っています。

個人ホームページ:https://onedakaori.wixsite.com/information

facebook:https://www.facebook.com/jibunlesson/

Twitter:https://twitter.com/jibunlesson

LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40pkg6934s

講座情報:https://www.street-academy.com/steachers/42533

​関連記事

​SPII編集部