光の先へ vol.11 ~リーディングセラピストMaho~

リーディングセラピストMahoです。皆さんに「自分探し、しあわせ探し」のヒントとなるようなお話をしていきたいと思います。宜しくお願いいたします。

第11回 誤想

人は時に思い違いをする事があります。

思い違う事そのものが悪いのではなく、

思い違いをしていることに気付かずに、暴走してしまう事が危険であることを知る必要があります。

そもそもなぜ人は思い違い…誤想をするのでしょうか?

誤想の起きるとき。

それはきっと、その内容を明言する確たる指針や証拠。

言い表すには漠然とし過ぎている内容。

その様な事柄について理解を深めようとするときに起こるのではないでしょうか?

このコラムを読み続けてくださっている読者さんには、もうお分かりかと思います。

その様な危険性をはらんでいる内容のひとつには、

スピリチュアルという世界もあります。

または、誰かの心の思いを汲む時の場合もあります。

解釈次第で様々な形に変化してしまう実体の無いものに関して、

起こり得る危険性なのです。

暴走を始めたら、誰にも止める事は出来ません。

自分の解釈が間違っているかどうかを見極める指針がない内容に対して起こるので、

気付きも遅くなるのは必然です。

―では、どうしたらいいのでしょう?

【目に見えぬ かみの心に 通ふこそ

ひとの心の まことなりけれ】

これは明治天皇の詠まれた御製歌です。

【誠の心こそ、神の御心にも通じるものだ】

そのように仰せられている御歌です。

神様の御心に通じるような清い心、真実を見極める心、邪心のない心…

心とは魂の事でもあります。

迷わぬよう、光の射すその向こう側を見つめる目を持つためにも、

日々精進を重ねていく事が大切なのです。

リーディングセラピストMaho

*プロフィール*

幼少の頃より視えない存在とコンタクトを取る能力を持ち、様々な霊体験を経験する。

しかし、その恐怖心と信じてもらえないもどかしさから、周りに気付かれないように生きる事を覚える。

成長と共に、コンタクトの先が霊などから神様や歴史上の人物に変わる事により、視えない存在との関わりを楽しめるようになる。

神社仏閣に足しげく通うようになると、1つの欲求が生まれ、『この力を人の為に役立てたい』と思い始め今に至る。

視える視えないだけに偏らず、数秘術や手相という統計学を取り入れ、現実界とスピリチュアルの程よい距離感がつかめるようになるためのセッションを心掛けている。

*アクセス方法*

mail:maho.spirituality@ezweb.ne.jp

https://www.facebook.com/readingmaho/

http://s.ameblo.jp/reading-maho

http://line.me/ti/p/%40fdh0635s

*イベント情報*

10/1(日) 開成町水辺のスポーツ公園開催『アシガラマルシェ』 出店

10/10(火) 厚木 リガード 『Re☆cafeワクワクイベント』 出店

10/11(水) 小田原市蓮正寺 『私と私を繋ぐws曼陀羅アートとオルゴナイトの世界』 主催

10/14(土) 長野県諏訪市 Blue Line Garage Cafe18 『湘南日和』出店

10/28(土) 東京都八王子市 Cafe'Roju『占いイベント~手相リーディングセラピー』出店 10/29(日) 昭島市 Cafe&Bar Buzz セッション会 11/5(日) 横浜市 『第13回横浜ヒーリングマーケット』出店

11/14(火) 湯河原町 ご縁の杜マーケット出店

11/18(土) 渋谷 すぴりちゅあるファームVol.3 出店

11/19(日) 国立 ヒーリングビュッフェ 出店

11/23(木) 茅ヶ崎 OhanaOhanaイベント 出店

​関連記事

​SPII編集部