~マインドフルネス〜内から湧き起こる幸福感☆OrganicHappiness♡Vol.17

みなさま、はじめまして。マインドフルネスガイドのいとうみのるです。このコラムでは、今、注目されているマインドフルネスの考え方や効果、実践法について、お伝えしていきたいと思います。マインドフルネスで、心を整え、自分を整えていくと、周囲の環境や人間関係も整っていきます。仕事や家事の生産性を高め、内から湧き起こる幸福感に満たされ、シンプルで自分らしいライフスタイルを構築していきましょう〜。どうぞよろしくお願いします。

Vol.17では、 「フィリピンでマインドフルネス」についてお伝えします。

先日、フィリピンに視察と観光を兼ねて行って参りました。

乱立する高層ビル街

おしゃれなショッピングモール

華やかなカジノ

アメリカのヴィレッジを模した街

AKBが流れるカフェ

人口は1億人超

平均年齢25歳という恵まれた人口構成

国民支持率7割を超えるドゥテルテ政権

経済成長率6.9%

かつてはアジアの病人とまで言われたフィリピンが、今、ものすごい勢いで変化を遂げようとしています。

コンピューターサイエンスとホテルマネジメントを大学で学び、現在はホテルのカフェで働いている26歳の男性は、「ドゥテルテがフィリピンを変えてくれていつか自分のレストランを持つことが自分の夢なんだ」と笑顔で語ってくれました。

将来への期待と成長を感じる一方で、アジアの病人の面影は今も色濃く残っていました。麻薬犯罪者などを数千人規模で粛清し、テロリストたちとの対立姿勢を鮮明にし、決して安全とは言い切れません。

昨年6月には、ニノイ・アキノ国際空港近くのカジノ施設「リゾーツ・ワールド・マニラ(Resorts World Manila)」で発砲放火事件があり、37人の方が命を落とされるという悲しい結果を招きました。

道路一本隔てると貧しいバラック小屋が立ち並び、若い男性たちが仕事もせずにふらふらと街を歩いています。完成したばかりの高速道路で1時間も車で走れば、川の上で暮らすいわゆるボートピープルのエリアや不法占拠した住宅街が広がっています。

昨年7月には麻薬犯罪に関わっているとされていた市長宅で銃撃戦があり、12人が命を落としました。

富と貧困、笑顔と危険、発展と停滞、二極化、光と陰が混在しています。

そんなフィリピンで2日目の朝、

「安全な通りなんてないわ。とにかく手荷物には気をつけて!昼間は大丈夫だと思うけど。」

とホテルレセプションの女性に言われました。

やや不安に感じながらも、マインドフルネス呼吸で心と体を整え、手提げを前にぶら下げてマニラ郊外をマインドフルに朝のお散歩を楽しみました。(vol.2,vol.3)

思ったよりも暑すぎず、1時間ほどポロシャツで歩くと軽く汗ばむ程です。

ブロックごとに変わる特徴的な匂い

険しい視線と柔らかい笑顔

あらゆるところから聞こえてくるクラクション

自転車タクシー、乗合バス、メルセデス

場違いに咲くピンクの花🌸

マインドフルにお散歩していると周囲の様々なものに気付きます。そして、気を緩めれば自分の身を危険にさらすリスクがあるというほどよい緊張感。上の空ではなく、まさにマインドフルに、今この瞬間に注意を向けながら歩きます。

スマホを眺めながら、歩いていれば、観光客とすぐに分かり、治安が悪い地域ではスリの格好の餌食になるかもしれません。

普段、自分の身の危険を感じることなく当たり前のように歩けるというのが、有り難いことなのだなと感じました。日本は本当に安全ですね。感謝です。そして、何事もなく無事に帰国できたことにも感謝です。

いつもと違う環境の中で実践するマインドフルネスは新鮮でしたが、行うことはいつも通りです。マインドフルネスはどこに行っても通用するものだなあと感じました。もちろん、帰国後もマインドフルに「今この瞬間」を感じながら、自分らしく過ごしております(^○^)

ぜひ、皆様も今の環境で、今この瞬間を生きるマインドフルネスを実践されてください。(vol.1)

(プロフィール)

マインドフルネスガイド 神奈川県横浜市出身。世の中の人々が幸せに気付くお手伝いとして、マインドフルネスを広める活動を展開。慶應義塾大学在学中、バックパッカーでグランドキャニオン、エアーズロックの大自然を前に人間の小ささと自然の大きさを知る。一部上場企業課長職/関連会社役員経験 (中期計画策定、IR戦略、投資委員会、企業内ファシリテーション)。米国NTI認定栄養コンサルタント、SIYコアプログラム修了(2016年10月、2017年10月)、センサリー・アウェアネスレジリアンスプログラム修了(2016年10月)。人生の折り返し地点41歳の時に激務とストレスで体調を壊す。無理してまで仕事を続けることに違和感を覚え、ホリスティック栄養学、予防医学を学び、「心」「体」「魂」と真剣に向き合う。現在は、神奈川県秦野市に移住し、オーガニック野菜を栽培し、「畑を耕し、心の畑を耕す」マインドフルな生活を実践。ライフスタイルコーチとして個別カウンセリングやセミナーを実施。米国NTI認定栄養コンサルタント、米国フィトメディックラボ認定 酵素・栄養セラピスト、米国ヘルスデザインセンター認定ヘルスコンサルタント、野菜ソムリエ。心の美容を提案するメディアSPII連載コラム連載コラム寄稿。

(連絡・アクセス方法)

心の畑HP https://www.kokoronohatake.com/

心の畑FB https://www.facebook.com/心の畑-343260106075958/

(イベント情報)

■初めてのマインドフルネスワークショップ

2月14日(水)2月18日(日)3月7日(水)3月11日(日)

詳細ページはこちら

プライベートセッション(随時受付中@秦野スタジオ)

お問い合わせ  tagayasu@kokoronohatake.com

詳細はHPでご確認ください。https://www.kokoronohatake.com/classes

■『酵素が栄養摂取や心身の健康増進に果たす役割』 〜酵素栄養学の世界的権威マハマン・ ママドウ博士ゲスト講演〜2018年3月4日(日)開催

私たちの肉体構造の中に不必要なものは何一つありません。健康な状態を維持したりダメージを修復するためには、あらゆる臓器、骨、血管、神経などが正常に機能的に連携して働かなくてはなりません。

そのために、わたしたち米国 NTI 認定栄養コンサルタントは、症状のみを見るのではなく、その人の「心」「体」「精神」を見るホリスティックアプローチを提案します。本セミナーでは、酵素栄養学の第一人者であり米国Phytomedic Labs(米国テキサス州ヒューストン)社長兼CEOであるマハマン・ママドウ博士をゲストスピーカーに迎え、科学的データと臨床実績を基に「最先端の酵素栄養療法」をお伝えします。SPIIコラムを連載してるマインドフルネスガイドいとうみのるもマインドフルネスについてお伝えします。(詳細はこちら)

​関連記事

​SPII編集部