~マインドフルネス〜内から湧き起こる幸福感☆OrganicHappiness♡Vol.20

みなさま、はじめまして。マインドフルネスガイドのいとうみのるです。このコラムでは、今、注目されているマインドフルネスの考え方や効果、実践法について、お伝えしていきたいと思います。マインドフルネスで、心を整え、自分を整えていくと、周囲の環境や人間関係も整っていきます。仕事や家事の生産性を高め、内から湧き起こる幸福感に満たされ、シンプルで自分らしいライフスタイルを構築していきましょう〜。どうぞよろしくお願いします。

Vol.20では、 「wisdom2.0」についてお伝えします。

2月22日〜2月24日まで、サンフランシスコで開催されたwisdom2.0というカンファレンスに参加してきました。マインドフルネスを社会にいかに役立てるかを、様々な視点から話し合う場として、30カ国から3000人以上の人たちが集まります。スピーカーは、マインドフルネスのリーダーはもちろん、ビジネス、テクノロジー、神経科学、社会運動家など、さまざまな分野で活躍している方々が登壇し、過去には、Facebook、Twitter、eBay、Zynga、Paypalの創設者なども講演しています。講演を聞くだけでなく、一流のガイドによる瞑想やワークショップ、ディスカッションに参加することもできます。2月25日には、スピンオフの企画としてGoogle本社で参加者同士が自ら設定したテーマで話し合うアンカンファレンスもありました。

刺激的で充実した4日間となりました。講演を聞いたり、参加者との対話を通して、アメリカでのマインドフルネスに対する期待と熱い想いが端々に感じられました。それと、マインドフルネスを実践している人たちは、素敵だなと思いました。目が合えば笑顔を交わし、話をすれば相手を尊重し理解し、瞑想をすれば穏やかな心が交流する。一瞬一瞬が温かく優しいエネルギーで満たされていて、会場の雰囲気がそれこそマインドフルでとても心地よかったです。

特に印象的だったのは、ジョン・カバット・ジン博士の講演です。幸運なことに、瞑想のワークショップに参加することもできました。ジョン・カバット・ジン博士は、マサチューセッツ大学医学大学院教授・同大マインドフルネスセンターの創設所長で、マインドフルネスストレス低減法(MBSR)という医療向けプログラムを1979年に開発した人です。アメリカでマインドフルネスを広めた第一人者ですね。

「経験を大切にしなさい」

「自分の内側から起こる自分自身を大切にしなさい」

「人生そのものをマインドフルネスの先生としなさい」

「意図を持って聞き、意図を持って話しなさい」

「知らないことをよく知りなさい」

これらは、マインドフルネスを伝える者に対する彼の教えです。どれも含蓄がある言葉で、マインドフルネスを伝える身としては、大変な学びとなりました。

マインドフルネスは、教科書で勉強してテストでいい点数を取るようなものではないんですね。まさに実践と経験にその価値があるわけです。どれだけマインドフルネスを語れるかではなく、どれだけマインドフルネスの実践をして、どれだけ豊かな人生を経験することができるかが問われます。その実践や経験から得られることを通して伝える言葉にこそ力があるのだと感じられました。

日本では、まだマインドフルネスが市民権を得たとは言えませんが、今後社会から求められる声は高まっていくものと思われます。今回得た教えを肝に命じて、実践と経験から一人でも多くの方にマインドフルネスをお伝えしていきたいと思います。

Let life be the teacher!! By Jon Kabat-Zinn

(プロフィール)

マインドフルネスガイド 神奈川県横浜市出身。SIY(※1)コアプログラム修了、センサリー・アウェアネス・レジリアンスプログラム修了。米国NTI(※2)認定栄養コンサルタント、米国フィトメディックラボ(※3)認定 酵素・栄養セラピスト、米国エレベイズ(※4)認定エキスパートヘルスコンサルタント、野菜ソムリエ。一部上場企業課長職/関連会社役員経験 (財務マネジメント、中期計画策定、IR戦略、投資委員会、企業内ファシリテーション)。2015年春、41歳の時に激務とストレスで体調を壊す。無理してまで仕事を続けることに違和感を覚え、人生の意義を考える。マインドフルネス、ホリスティック栄養学、予防医学を学び、「心」「体」「魂」と真剣に向き合う。マインドフルネスの実践により心を整えることで心身が健康になっていく自身の変化を感じ、マインドフルネスの魅力を理論的に伝える活動を個人向け、企業向けに展開。予防医学研究家としても個別カウンセリングやセミナーを実施。心の美容を提案するメディアSPII連載コラム寄稿。

(※1)Search Inside Yourself(サーチインサイドユアセルフ)の略。2007年にGoogle社が開発したマインドフルネスのプログラム名称。

(※2)Nutrition Therapy Institute(ニュートリションセラピーインスティテュート)の略。コロラド州デンバー所在のNutrition Therapy Institute(NTI)の日本提携校。同校は、ホリスティック栄養学のPrivate Occupational School(POS:特定分野の実践的な教育を専門に行う学校)として、コロラド州上級教育省から正式な認可を受けている。

(※3)米国テキサス州ヒューストン所在のマハマン・ママドウ博士が設立した酵素栄養学研究所

(※4)米国ジョージア州所在のアイザック・ジョーンズ博士が設立した最先端の予防医学コンサルティング会社

(連絡・アクセス方法)

心の畑HP https://www.kokoronohatake.com/

心の畑FB https://www.facebook.com/心の畑-343260106075958/

(イベント情報)

■初めてのマインドフルネスワークショップ

3月7日(水)3月11日(日)

詳細ページはこちら

■3月4日(日)開催

『酵素が栄養摂取や心身の健康増進に果たす役割』

〜酵素栄養学の世界的権威マハマン・ ママドウ博士ゲスト講演〜

15時10分~ いとうみのる講演

「マインドフルネスのススメ~心と体の繋がりと心の状態の重要性」

詳細ページはこちら

プライベートセッション(随時受付中@秦野スタジオ)

お問い合わせ  tagayasu@kokoronohatake.com

詳細はHPでご確認ください。https://www.kokoronohatake.com/classes

​関連記事

​SPII編集部