自分を取り戻し、生きる目的が再確認できる。光文社が、ガイド本「神なび」を発売!

最近、なんだか生活も体調もさえないと感じているあなた。それは、あなたの「願いを叶える」パワーが落ちているからかもしれません。宇宙からのエネルギーをもらい、内なるパワーをととのえると、思い描く人生がおのずと手に入るようになります。

「神なび」とは、神力が降臨し宿る、神の〝依代〟となる領域のことです。ここにおいては、自然の循環の一部としての自分を取り戻し、’大いなる意思’とつながることができる自分になれます。そんなエネルギーをもらえる場所へ案内するガイド本『神なび』を(光文社)発売しました。

【書籍情報】 『神なび』 著者:真印 定価:1,200円+税 出版社: 光文社 発売日:2017年9月15日

著者の真印さんは飛鳥時代から1300年続く「霊能者一族の末裔」で、四国・松山在住。どこに行けば、どんなエネルギーを宿すことができるのか、知り尽くした地元から厳選し、「新・四国八十八カ所」として紹介しています。

’大いなる意思’とつながるために、今のあなたに足りないものは何か?本書では、チェックリストに応えることで、思いグセや行動パターンからそれを導き出し、必要なエネルギーやパワーを受け取れる、訪ねるべき「神なび」を提示します。登場する「神なび」は、まだ荒らされていない新鮮な気に満ちています。大いなる意思と、共振・共鳴する力を取り戻し、自分が生まれ落ちた理由を再確認し、それを成就する人生を実現する。そのガイドとなる1冊です。

【著者略歴】 真印(まいん) 1959年、愛媛県松山市生まれ。スピリチュアルカウンセラー 。 先祖代々、俗に「霊能者」と呼ばれる力を強く受け継ぐ家系に生まれ、幼少のころより、他人には見えないものの姿を見て、声を聞く能力を備え持つ。長くその力を封印していたが、美容師を経てさまざまな人の悩みを聞くうち、カウンセリングサロンを開くことを決意し、1999年、松山市内に『silva真印』を開設。以来、スピリチュアルカウンセラーとして、連日多くの人の悩みに答えている。

【イベント】 本書の発売を記念し、10月22日(日)14時~、明屋書店石井店(愛媛県松山市)にて、著者・真印さんによるサイン会を開催いたします。詳細は、明屋書店石井店TEL:089-957-6151へ。

​関連記事

​SPII編集部