リラックスして免疫力UP! 宮田珠己著『ニッポン脱力神さま図鑑』5/27出版(できますように!)記念 「ゆるいカタチを持ち寄って肩の力を抜こう!」Instagram投稿キャンペーン

株式会社廣済堂出版(所在地:東京都千代田区)は、2020年4月20日よりInstagramで「ゆるいカタチ」を投稿していただくキャンペーンをスタートしました。これは、5月27日発売予定の宮田珠己著『ニッポン脱力神さま図鑑』の出版記念の一環です。

書籍『ニッポン脱力神さま図鑑』には、「こんな姿の神仏もありなのか!」という驚きのゆるカワ323体が大集合。どのお姿もひと目見れば体じゅうの強張りが一瞬でとろける“膝カックン”的なパワーに満ちています。それは、コロナ疲れが指摘される今こそとくに求められている力でしょう。

このキャンペーンでは、さらに多くの「ゆるいカタチ」を持ち寄っていただき、Instagram上に肩の力が抜ける場を生み出せればと願っています。お寄せいただいたご投稿は、本書のInstagram公式アカウントでリポストします。また、本書掲載の脱力神さまのゆるいお姿も多数投稿していきます。

所定のルールに従って2020年9月30日までに投稿された方のなかから、著者の宮田珠己さんをもっとも脱力させた5名様には、ゆるいオリジナルグッズをプレゼントします。

なお、『ニッポン脱力神さま図鑑』は当初4月27日発売予定でしたが、新型コロナウイルス流行下での緊急事態宣言に伴い、書店休業が相次いでいるため、ひとまずは1カ月の出版延期となりました。コロナ流行の趨勢によっては、延期が1カ月で済むとはかぎりません。そこで、本書にお出ましいただいている脱力神さまがコロナを撃退してくれることを祈って、出版前からキャンペーンをスタートすることにしました。

疫病を退散させる妖怪アマビエが話題となっていますが、本書に登場している神さまもその多くが、古来、疫病退散の願いをも受け止めてきた存在です。

■キャンペーン情報 名称:ゆるいカタチを持ち寄って肩の力を抜こう! Instagram投稿キャンペーン 投稿募集期間 :2020年4月20日~2020年9月30日 参加方法   : 下記公式アカウント内に表示 公式アカウント: https://www.instagram.com/datsuryokukamisama/

■書籍情報 書名   : ニッポン脱力神さま図鑑 概要   : こんな姿の神仏もありなのか! キノコ型エイリアンのような田の神、鳥居に腰かけたまるでオムツ姿の赤鬼、 ケータイ通話中にしか見えない仁王、地面からニョキニョキ生えてる仁王ダンシングチーム、 とんでもない巨根を誇る道祖神、背中に哀愁漂うタレ目の狛犬など、 日本各地の路傍から迫真のゆるカワ323体が大集合。 ウソ臭い「ほっこりニコニコ」なんかじゃない! 予定調和をふきとばす圧倒的なユルさに、体じゅうの力が抜けまくること間違いなし。 ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手である著者がおくる空前絶後のなごめる神仏フォトブック。 URL   :https://www.kosaido-pub.co.jp/book/post_2624.html 著者名  :宮田 珠己 定価   :1,600円+税 発売日(予定):2020年5月27日 判型   :A5判・160頁・オールカラー ISBN-13 :9784331522882 発行・発売:廣済堂出版

■著者プロフィール 宮田 珠己(みやた たまき) 1964年、兵庫生まれ。大阪大学工学部卒業後、サラリーマンになるも、「旅をしまくりたい」というただそれだけの理由で退職し、作家に転身。以来、興味の赴くままに、巨大仏、石ころ、迷路温泉、四国八十八ヶ所、海の無脊椎動物などを訪ね歩き、旅エッセイに綴っている。ユーモラスな造形を発掘するユニークな視点と独特な脱力文体に根強いファンが多い。朝日新聞夕刊にて「宮田珠己の気になる雑誌を読んでみた」、『サライ』にて「ミヤタ珍品堂」、『週刊新潮』にて「ディープ『みんぱく』探検隊」、『本の雑誌』にて「私がロト7に当たるまで」などを連載中。著書多数。

新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、感染された方々の一刻も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。株式会社廣済堂出版は、このキャンペーンを通じて、新型コロナウイルス流行の悪影響をわずかでも軽減したいと願っております。

​関連記事

​SPII編集部