巨大な「お釈迦さま」と写真をとって幸せをもらおう! 大阪のお寺で“見て・ふれて・楽しめるお参り”が可能に

1280年の歴史ある宗教法人 常光円満寺(所在地:大阪府吹田市、住職:藤田 昌孝)の境内に2017年5月、涅槃堂が誕生し、この度4月8日のお釈迦さまのお誕生日に向け、そのご本尊である大きくて美しい「幸せの涅槃仏」から『幸せをもらおう』という企画がスタートしました。

『幸せをもらおう』というタイトルの通り、お釈迦さまと一緒に写真をとったり、願いごとを書いたおり紙で鶴をつくって奉納していただいたり、お釈迦さまの悟りのえがかれた足(仏足)にふれたり、と楽しくお参りすることができます。

「常光円満寺 涅槃堂」: https://enmanji.com/nehandou.html

【『幸せをもらおう』の内容】

(1)お釈迦さまと一緒に写真をとろう

悟りを開かれてから、45年間、周りの幸せのために尽くされてきたお釈迦さま。

お釈迦さまと一緒に写真をとることでご縁を結び、幸せをいただいてほしいという想いからスタートしました。

(2)鶴林の世界をつくろう

涅槃像は、お釈迦さまの最後のお姿。弟子だけでなく、動物たちや虫たち、そして大自然までも悲しまれたと伝えられております。大自然の悲しんだ姿は、鶴林と呼ばれ、鶴に囲まれたような幻想的な世界でございました。鶴林の世界をつくることでお釈迦さまをたたえることができます。

(3)仏足にふれよう

仏足の紋章には、それぞれに大きな意味がございます。

家庭円満や長寿・健康など、願いに合わせたご利益をいただけるよう、お釈迦さまの悟りにふれていただけます。

■法人概要

寺号  : 宗教法人 常光円満寺

代表者 : 住職 藤田 昌孝

所在地 : 〒564-0031 大阪府吹田市元町28-13

設立  : 735年

事業内容: 寺院

資本金 : 1,000万円

URL   : http://www.enmanji.com/

​関連記事

​SPII編集部