星のや東京 地上160メートルのビルの屋上で朝からストレッチ!「天空深呼吸」開催

本旅館「星のや東京」は、2020年8月6日より、宿泊者限定のアクティビティ「天空深呼吸」の開催を開始しました。本アクティビティでは、地上160メートルのビルの屋上で、朝の清らかな空気の中、深呼吸をしながら気功をベースにしたオリジナルの運動を行います。深呼吸をしながら、全身を伸ばすストレッチや筋肉をしっかりと動かす運動をすることで、肺機能を刺激し高めます。視界に遮るものがなく、遠くまで見渡せるという東京では珍しい場所で、朝陽を浴びながら、気持ちよく身体を目覚めさせます。大きく開けたビルの屋上からは、眼下に広がる東京のビル群やスカイツリー、東京タワーを楽しむことができます。

開発の背景 新型コロナウィルスの感染拡大により、遠出をすることが難しくなってしまった今、星のや東京に宿泊する方に向けて、都心の日本旅館に滞在しながら心身ともにリフレッシュができるアクティビティを開催できないかと考えました。そこで、高層ビルの屋上だからこその開放的なスペースを利用し、長引く自粛生活でこわばった身体をリセットしながら、鈍った筋肉をしっかりと使う本アクティビティを開発しました。深い呼吸を意識しながら全身を動かすことで、肺機能を高め、新型コロナウィルスに負けない強い身体を作ることを目指します。

「天空深呼吸」の2つのポイント 1 地上160メートルの高層ビルの屋上から一望できる東京の絶景

星のや東京のある大手町周辺は、高層ビルが建ち並ぶオフィス街です。本アクティビティでは、朝7時前に星のや東京近隣の視界を遮るものが一切ない地上160メートルという高いビルの屋上へと向かいます。眼下には、秋葉原や新宿、池袋といった遥か遠くの密集したビル群が広がり、視線の先には、現代の東京を象徴する東京スカイツリーや東京タワーが見えます。三密を回避しながら、澄みきった朝の空気と都会の景色を楽しめます。

2 深呼吸と運動を組み合わせ、肺機能を高める

ビルの屋上で行う「天空深呼吸」は、日々の緊張やストレスから起こる身体のこわばりを緩めながら、鈍った筋肉をしっかりと使う動きに深呼吸をあわせて行います。それにより、全身に新鮮な酸素を行き渡らせ、体温を上げることで、朝から身体を気持ちよく目覚めさせます。肺機能を高めながら、長引く外出自粛生活により疲れた心身をリフレッシュできます。

「天空深呼吸」概要 ■期間     :2020年8月6日~ ■時間     :6:45~7:45 ■料金     :無料 ■予約方法   :星のや東京フロントにて前日21時まで受付 ■定員     :6名まで ■対象     :星のや東京宿泊者 ■集合・解散場所:星のや東京 正面玄関 *雨天中止 *前日の天候状況によりアクティビティのスケジュール、内容が一部変更になる場合がございます。

<最高水準のコロナ対策宣言>

1 衛生管理 星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。 ・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認 ・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ ・館内各所に除菌用アルコールを設置 ・全客室に手指消毒用アルコールを設置 ・ダイニング入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施 ・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄 ・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置 ・館内での接客業務の際にマスクを着用 ・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

2 「3密」回避 密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。 ・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる「3密」の見える化サービス実施(一部) ・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制 ・ダイニングの混雑状況を管理し、入店時間の分散化 ・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施 ・客室でのチェックイン対応(星のや・界) 関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}

星のや東京 「塔の日本旅館」をコンセプトに2016年7月に開業。玄関で靴を脱ぎ、畳敷きの伝統的な和室や各階のお茶の間ラウンジ、最上階に温泉を備える星のや初の都市型旅館。 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1/客室数84室 [https://hoshinoya.com/]{https://hoshinoya.com/}

​関連記事

​SPII編集部