外出自粛のストレスなどを自宅ヨガで発散! 自宅で体験ヨガレッスンが通常2,500円が初回500円に  ~ストレスや運動不足の不安を抱える全ての方へ~

オンラインで手軽にヨガレッスンをリアルタイムで受けられるサービス「YOGATIVE」を運営する株式会社エキスパートライン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山口 祐平)は、新型コロナウイルスによる外出自粛、また臨時休校によりお困りの方へ向けて、2020年3月31日から同4月30日までの1ヶ月間、30分の体験レッスンを500円(通常30分2,500円)で実施することをお知らせいたします。

新型コロナ対策支援

「YOGATIVE」:https://online-yoga.jp

■本取り組みを実施した背景

<外出自粛による、運動不足やストレスへの懸念>

現在、多くのヨガスタジオやスポーツクラブの営業が自粛され、「運動不足」や「ストレスや精神面」といった健康を害することに不安を持つ人々が急増するという、大きな問題が発生しています。またそこで働いていた指導者も急に職を失うという、先行き不透明な不安感も抱えています。

そこでYOGATIVEではオンラインでヨガレッスンを提供し、受ける側も教える側も感染リスクがゼロで行える安全なサービスを一人でも多くの方に利用していただくために今回の期間限定体験レッスンを始めました。

■自宅でオンラインヨガレッスン

YOGATIVEのオンラインヨガはヨガ講師とオンラインでヨガレッスンを受けられるサービスです。動画配信ではなく、実際に講師と会話をしながらレッスンを受けることができるリアルタイムでの指導となります。初級者から上級者まで受けられ、ネットがあればパソコン、タブレット、スマホを使用して自宅で受けられます。

また1対1のマンツーマンレッスンなのでご自身のペース、レベルに合わせて、担当講師が最適なプログラムを用意します。

オンラインレッスン イメージ

■様々なプログラムの用意

「YOGATIVE」のサイトでは、多数のインストラクターが在籍しており、講師によってはマタニティヨガ、産後ヨガ、ママヨガ、ベビーヨガができ、子育てでなかなかスタジオに通えないママにとっても自宅でレッスンが受けられます。男性も利用可能で、個人の目的、レベルに応じてインストラクターと話しながらレッスンを行っていきます。

様々なプログラム

■「YOGATIVE」の特長

1. 1対1のパーソナルレッスン

資格を保有している経験豊富なヨガインストラクターが個人のペース、レベルに合わせて、画面越しにリアルタイムでレッスンをしていきます。グループレッスンではできなかったポーズの修正やアドバイスを受けられるのでヨガが初めての方でも安心して受けられます。

2. 人目を気にせず、いつでも、どこでも、楽しめる

オンラインによるマンツーマンレッスンなので、自宅、旅行先など、忙しい方でもネット環境とスマホやパソコンがあれば好きな場所で人目を気にせず集中して楽しむことができます。

3. 時間を大幅に短縮

ヨガスタジオのようなレッスンスケジュールはなく、都合の良い時間をインストラクターと合わせてできるため、交通時間やシャワー待ちなどいった時間を大きく節約することが可能です。

4. 使い慣れた端末でカンタンにヨガレッスン

スマホ、パソコン、タブレットのいずれかをお持ちで、ネットに繋がっていれば受けられます。

5. Webで簡単予約

24時間いつでも予約可能。インストラクターの空き状況を簡単に見ることができ、Web上で予約からお支払いまで可能なので面倒な手続きはありません。

■期間限定オンラインレッスンの詳細

・ 開催期間:2020年3月31日(火)~4月30日(木)

・ 内容:マンツーマン型のオンラインヨガレッスン

・ お申し込み方法:ネット予約になります。下記のページからお申し込み頂けます。

https://coubic.com/yogative/443388

・ 料金:体験レッスン30分 500円(税別)

・ 準備物:パソコン、もしくはスマートフォン(web会議ツール「zoom( https://zoom.us/jp-jp/meetings.html )」に接続できる環境をご用意ください)

・ 体験レッスン詳細ページ: https://online-yoga.jp/beginner-about20200331/

■会社概要

商号  : 株式会社エキスパートライン

代表者 : 代表取締役 山口 祐平

所在地 : 〒150-0044 東京都渋谷区円山町5番5号 Navi渋谷V3階

設立  : 2020年2月

事業内容: オンラインヨガサービスYOGATIVEの運営

資本金 : 200万円

URL   : https://expertline.jp

​関連記事

​SPII編集部