【3密防いでヨガ】いわきFCドライブインヨガを開催

いわきFC(株式会社いわきスポーツクラブ:福島県いわき市)は、専用のサッカーフィールド、いわきFCフィールドを地域に開放し、現在開催中の「ドライブイントレーニング」に加え、5月31日(日)と6月6日(土)に「ドライブインヨガ」を開催しますので、お知らせいたします。

いわきFCでは、新型コロナウイルス感染拡大防止による様々な活動が自粛されているなかで、市民の健康に寄与するため専用のサッカーフィールドを開放し、芝生の上で身体を動かすことで、運動不足、そしてストレス解消につなげることを目的として、ゴールデンウィークから「ドライブイントレーニング」を開催しています。

感染拡大防止の観点から、「密接」「密集」「密閉」を避け、さらに家族以外の外部の人とも接触しない形として、「ドライブイン」方式のトレーニングを企画いたしました。 このイベントが、開放的なフィールドで身体を気持ちよく動かせることから、参加者の皆さんにご好評をいただいており、現在多くの方にご参加いただいております。

そして、このたび「ドライブインヨガ」を開催することとなりました。 開催方式は「ドライブイントレーニング」と同様、車でそのままご入場いただき、所定の位置に停車。コート側に降りて、車の前のスペースでインストラクターによるヨガレッスンを受け、終了後はまた車に乗って帰宅するというものです。 感染症予防対策として、参加者同士の間隔は10m空けて実施し、インストラクターはサッカーコートの中央でレッスンをします。

■プログラム名 いわきFC ドライブインパークヨガ

■開催日時 ①5月31日(日)14:30~15:30 ②6月6日(土)14:30~15:30 ※雨天の場合は、中止となります。

■インストラクター

①5月31日(日)14:30〜15:30 TAIKI

«プロフィール» 2011年カナダのバンクーバーに1年間滞在している中でヨガに出会う。 最初の目的はトレーニングだったが、次第にフィジカルだけでなく精神的な豊かさも感じることができるヨガの奥深さにどんどん魅了され、通い続けていたSemperviva Yoga Studioにて全米ヨガアライアンス認定200時間ティーチャートレーニングを修了する。 帰国後ヨガインストラクターとして活動をスタート。 たくさんの人の心身の健康作りに貢献したいという思いはもちろん、何よりヨガを通じてワクワクを感じてもらえる時間、空間を作っていきたいという思いを持って活動している。 現在は福島県を拠点に県内に限らず全国、またオンラインヨガなど多岐に渡り活動の幅を広げている。

②6月6日(土)14:30〜15:30

松田 リヤ «プロフィール»2010年より東京都内、湘南エリアでのスタジオインストラクターとして活動。2017年にいわき市に帰省し自宅スタジオRoomを開業し、ヨガウェアブランドemmiyogaのアンバサダーに就任。2018年にはいわき初のSUPYOGAをいわき市内の海で行い、いわき市勿来海岸で行われた「海フェス2018」で海フェス初のビーチヨガを開催。伊勢丹新宿本館にて、asics × emmiyoga によるヨガセッションや、東京タワー大展望台にて人気ヨガイベント「ASAYOGA」でのレッスンを担当。

2019年、いわき市小名浜にヨガスタジオ【nature tips studio Room】を開業。市内外問わず人気であり、ヨガを中心とした様々なネイチャーライフスタイルを提案、提供する活動もあわせておこなっている。

■場所 いわきFCパーク いわきFCフィールド(福島県いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前1-1)

■定員 各回30名(先着順、事前申込み制)

■参加料 1,500円(税込) ※クレジットカードによる事前決済となります。 ご利用可能クレジットカード:VISA、MasterCard、American Express、JCB、DinersClub、Discover ※中止の場合は、返金対応をさせていただきます。

■参加資格 中学生以上の方

■持ち物 ・ヨガマット(貸出も行います) ・飲料水 ・タオル

■注意事項 ・いわきFCフィールド内でのご飲食はできません。水、お茶のみ飲用できます。 ・入退場の際には消毒液での消毒をお願いしております。 ・感染拡大防止につき、ご来場の際には必ずマスク着用にてご来場ください。 ・ロッカーの開放はおこなっておりませんので、予め運動できる服装でお越しください。 ・37.5度以上の発熱、咳、倦怠感、息苦しさ、咽頭痛など体調不良の方の来場はご遠慮ください。

■お問い合わせ 株式会社いわきスポーツクラブ / いわきFC TEL:0246-72-2511 MAIL:loveiwaki@iwakifc.com

​関連記事

​SPII編集部