​SPII編集部

幸せホルモン「セロトニン」を増やして心のバランスを取ろう

2017/09/27

「セロトニン」という名前をご存知ですか?一度は聞いたことがあるのではないかと思います。「セロトニン」とは、必須アミノ酸から生成される脳内神経伝達物質の一つで、「ノンアドレナリン」や「ドーパミン」と並んで「三大神経伝達物質」と呼ばれています。セロトニンが不足すると、イライラしやすくなったり、鬱病や不眠症になることで知られていますよね。

 

実は、「セロトニン」は「幸せホルモン」のひとつだと呼ばれており、「セロトニン」の分泌が増えると幸せを感じることができる物質でもあります。今回は「セロトニン」が減る理由や増やし方と合わせて、「セロトニン」を分泌させることにどんなメリットがあるのかをご紹介します!

 

女性は、男性よりも「セロトニン」不足になりやすいと言われています。性別問わず大切な「セロトニン」ですが、特に女性はこれをきっかけに是非、「セロトニン」の大切さを見直してみて下さい!

 

 

セロトニンが不足するとどうなる?

 

 

・ストレスに弱くなり、情緒不安定になる
・不眠、過眠の症状が出る
・睡眠不足による「グレリン」の分泌量が増え、食欲が増進
・「エストロゲン」の分泌量も比例する為、PMSや更年期障害の悪化
・「エストロゲン」のが減少することで。女子力が下がる

 

「セロトニン」不足を分かりやすく言うと、心も身体もいっぱいいっぱいになっている状態です。「セロトニン」は体内で合成される物質の一つで、ストレスを受けると消費され、足りなくなれば作られます。しかし、大きなストレスを受けると「セロトニン」の合成が間に合わなくなります。

 

 

セロトニンを増やす為には?

 

 

「セロトニン」は一般的に言われている気分調整以外にも嬉しい働きがあります。「セロトニン」は日常生活の中のちょっとした行動で増やすことができます。

 

1.太陽の光を浴びる


2.栄養バランスのとれた食事をする


3.必須アミノ酸の「トリプトファン」を積極的に摂取する

 

 

 

 

 

 

 

4.腸内環境を整えて、「トリプトファン」などの必要な成分が脳まできちんと届ける


5.リズム運動をして、脳を刺激しする


6.良く笑い、良くしゃべって、神経を活性化させる


7.映画等やドラマを見て思いっきり泣いて、心のデットクスをする


8.恋愛映画や漫画でときめきを増やす(乙女ゲームでも可!)


9.深呼吸をして、心や体をリラックスさせストレスを緩和する


10.首のストレッチをして、脳の「ほうせん核」を刺激する。

 

 

「セロトニン」が増えるとどんないいことがある?

 

 

「セロトニン」が不足すると、気持ちが不安定になるだけではなく、見た目の美容にも悪影響を及ぼします。その反対に、「セロトニン」が増えると、心と身体に良い影響をもたらします。

 

【心の面】
「セロトニン」による感情のコントロールがうまくいき、いつも笑顔で明るくいられる
集中力などがアップして、仕事や勉強のやる気が出る
スキンケアやダイエットなど、自分磨きのモチベーションがあがる

 

【身体の面】
質の良い睡眠によって肌が綺麗になる
食抑制ホルモンが分泌され、痩せやすい体になる
抗重力筋の増強がサポートされることで、ヒップアップなどスタイルが良くなる

 

 

まとめ

 

 
心にも身体にも良いことばかりですね!「セロトニン」の分泌を増加させることで、感情をコントロールしてハッピーに生活すれば、そのハッピーがまた別のハッピーを呼ぶかも知れません。生活を大きく変えることは難しくても、些細な方法で「セロトニン」を増やしてみて下さい。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事