​SPII編集部

¡BuenSuerte !vol.9~スピリチュアルボディーヒーラーAyako~

スピリチュアルボディーヒーラーAyakoです。旅は人生を楽しむ為のスパイス。実はそのスパイスにスピリチュアルな出来事は欠かせないのです。私が体験した「スピリチュアルな旅」の出来事をお話ししていきたいと思います!¡Buen Suerte !ブエン・スエルテ(スペイン語で「幸運を」ここでは「良い旅を」という意味で使用)

 

 

第9回 聖母マリア様との繋がりで・・・⑤スペイン・バルセロナ「モンセラットの黒いマリア様」

 

元々予定に無かったポルトガル旅だったので、リスボンから出国予定の街「バルセロナ」へ行きました。バルセロナでのお楽しみは、出発前に巡礼のご褒美として「サクラダファミリア」の現地ツアーを予約していた事です。バルセロナ到着後、2日目の朝に集合場所へ行くと、現地のツアーガイドさんがツアー内容の確認をしてくれた時、大変な奇跡が起きました。

 

私達の予定は午前中の市内観光と「サクラダファミリア」の見学で1日観光だと思っていたのですが、私が何故か「モンセラット」の観光ツアーまで申し込みをしていたのです。その日、その時まで、まさか「モンセラット」まで行けるとは思ってもいませんでした。

 

実はバルセロナに着いてから、宿泊していた日本人経営者の宿で、観光ガイド「るるぶバルセロナ編」を読んで、初めて「モンセラットの黒い聖母マリア様」を知ったのですが、場所が個人で行くには電車等で乗り継ぎがあり、面倒な場所にあったので、これも次回バルセロナに来たときのお楽しみだね。と話していたので、この展開に驚きと喜びで嬉しく感動しました。

 

早速、バスに乗り込み日本人ガイドさんの案内のもと、バルセロナを一望できる丘や、ガウディが設計した「カサ・バトリョ」の前を巡った後、世界一有名な未完成の教会「サクラダファミリア」へ行きました。まだまだ外装も内装も完成されていませんが、全てが素晴らしく内部のステンドグラスがとても印象的で本当に素敵な教会でした。

 

 さて、午後から奇跡の出逢いの「モンセラット」へ!

 

バルセロナ郊外へバスで向かうと、ギザギザのノコギリの歯の様な山々が出現してきます。長い山道をバスで登ると、岩肌に建つ「モンセラット修道院」が見えて来ました。展望園から望む景色とトゲトゲした山々の頂きと教会。素晴らしい景色に感動です。そして、いよいよ教会内部へ。

 

バルセロナの「黒い聖母マリア様」へ御対面です。黒い聖母マリア様は、左手にイエス様を抱き、右手に全宇宙を示す丸い球を持って美しく神秘的に輝いていました。マリア様の持つ玉に触れながら願い事をすると叶えてくれるとの言い伝えがあるそうで、玉は余計にピカピカでした。私達はモンセラットに奇跡的に来れたのもギフトなのに、願い事まで叶えて頂けるなんてと言いつつガッツリと個人的なお願いをしました。

 

普段は大勢の人が並んで入場制限がある様ですが、私達が行った時はたまたま空いていて、しっかりとお顔を拝見させて頂き、聖母マリア様とお話もじっくりと出来ました。

 

また、何故こちらに黒い聖母マリア様になったのかというと、最初は色が白かったのに、長年の蝋燭の煤等で色が黒くなったという説明を読みましたが、とても不思議な感じがしました。そのお姿をお伝えしたかったのですが、こちらの聖母マリア様は撮影厳禁の為、素晴らしいお姿をお見せ出来ませんが、公式サイトには載っていますのでご覧下さいね。

 

こうして、この素晴らしいご縁と素晴らしい景色と素晴らしい修道院を十分堪能した、不思議な1日は終わりました。

 

その2日後、私達は約2ヶ月間のスペイン巡礼の旅を終え、無事日本へ帰国しました。

今年であれから2年が経ちますが、あの時の記憶や聖母マリア様との出逢いは色褪せません。

 

次回は沖縄・久高島での不思議な体験をお話したいと思います。

 

 

エナジーボディーヒーラーAyako

プロフィール

小学生までは祖母の影響でお寺によく通っていた。その頃、お遍路さんに対するお接待の心を知る。

思春期の頃は周囲の大人の考え方(特に教師)に馴染めず劣等感の塊で過ごす。

大学生で出合った沖縄へのフィールドワークで自分に自信というものが芽生える。

卒業後、突然の人生の転換期を迎え、自分を見失い鬱状態になる。

鬱状態から自分の力で抜け出した時にスピリチュアルヒーリングと出逢う。

現実社会とスピリチュアルの「中庸」をモットーに地に足の着いたスピリチュアリストを心がけている。

 

アクセス方法

Mail:pananu.wata@gmail.com

HP http://pananuwata.web.fc2.com/

Facebook https://www.facebook.com/pananuwata/

アメブロ https://ameblo.jp/pananuwata/

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事