​SPII編集部

光の先へ vol.6 ~リーディングセラピストMaho~

 

第6回 表明

 

更なる魂の磨きをかけるためには、小さくてもかまわないので、目標をたてていく事が必要です。

 

そしてその目標は必ず表明していくこと。

 

表明するという事は、周りの誰かに伝えなければならない訳ではありません。

 

自分自身に対して。

 

または、神様に対してでも良いでしょう。

 

表明するという事は、その内容に対して自分は努力します!という意思表示です。

 

その気持ちがあってこそ結果が訪れ、あなたの魂に磨きがかかります。

 

神社などで「お金持ちになりたい」と願うよりも、「○万円収入が増えますように」と願った方が叶いやすくなるのは、そのためです。

 

漠然としたものよりも、具体的な方が表明と捉えやすくなり、結果が付いてくるのです。

 

ただし先にお話したように、表明とは努力しますという意思表示です。

 

棚からぼた餅のような結果がついてくるものではないのです。

 

例えば3万円の収入アップを望むならば、それに見合う努力は必要です。

 

その努力をした末に至らなかった場合、今一度自身を振り返ってみるといいでしょう。

 

まだまだ頑張れたはずであったり、そもそもの努力の仕方が的外れであったり。

 

達成する事だけに目が行き、道理を外れた行動が多々あったり。

 

結果が得られなかった理由を、謙虚に受け止めていく事が大切なのです。

 

行動に伴う結果とは、必ず意味があります。

 

その意味を学ぶ事こそが、あなたの魂を磨き、大きく飛躍する一歩となるのです。

 

神社の社の中には、大半の場合鏡が置いてあります。

 

神様に手を合わせた時に写るのはあなたです。

 

神様はあなたの表明の見届け人です。

あなたの決意が揺らがぬよう、手助けをしてくださるのです。

 

 

リーディングセラピストMaho

 

*プロフィール*

幼少の頃より視えない存在とコンタクトを取る能力を持ち、様々な霊体験を経験する。

しかし、その恐怖心と信じてもらえないもどかしさから、周りに気付かれないように生きる事を覚える。

成長と共に、コンタクトの先が霊などから神様や歴史上の人物に変わる事により、視えない存在との関わりを楽しめるようになる。

神社仏閣に足しげく通うようになると、1つの欲求が生まれ、『この力を人の為に役立てたい』と思い始め今に至る。

視える視えないだけに偏らず、数秘術や手相という統計学を取り入れ、現実界とスピリチュアルの程よい距離感がつかめるようになるためのセッションを心掛けている。

 

*アクセス方法*

mail:maho.spirituality@ezweb.ne.jp

https://www.facebook.com/readingmaho/ 

http://s.ameblo.jp/reading-maho

http://line.me/ti/p/%40fdh0635s

 

*イベント情報*

7/29(土),30(日) ヒーリングビュッフェ 国立 出店

8/9 塚原 PuaPua セッション会
8/20 長野県諏訪市 未来プロジェクト 出店
8/27 真鶴なぶら市 出店
 

 

# リーディング Maho

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事