​SPII編集部

スピ経の勧め〜女性起業家が伝えるスピリチュアル経営の極意 vol.2

2017/07/13

誰もが自分の人生の経営者、サロンオーナーも起業家も、そうじゃない人も是非読んで欲しい、スピリチュアル経営の極意。女性起業家歴19年のVITACEグループ代表松岡紫鳳が心を込めてお伝えします。よろしくお願いします。

 

 

第2回 ゴール(1)ゴールを想像する

 

 連載も2回目となりました。前回のワークはお楽しみいただけましたか?

具体的に一つに絞ってねとメッセージしたのは、引き寄せの法則を作用させやすくするためだったんです。紙に欲しいものを実際に書かれた方はいらっしゃるかしら?引き寄せ効果としてはその方が絶大です。さらにその紙も持ち歩いて時々眺めてくださいね。

 

 さて、2回目の今回から数回、ゴールに関してお話をしていきます。会社の経営、人生の経営においてはスタートや今いる地点からではなく、ゴールを設定していくことがとても重要になってきます。夢、ビジョンといってもいいかもしれませんね。あなたは夢やビジョン、こうなったらいいなという思いはありますか?

 

 さて、このゴール。究極は人生のゴール、そう死を迎える瞬間があると思います。連載2回目でいきなり「死」ですか!という方もおられるかもしれませんね。スピリチュアルな観点からいくと、この人生で迎える死は、この人生の一つのゴールにしか過ぎす、始まりであり、命に終わりはないと考えることも可能です。しかしとりあえずの究極なゴールとして「死の瞬間」を挙げておきます。

 

 死に際に生き様が現れる、そのようなことを耳にした方もおられるかもしれません。今まで生きてきた人生の集大成が、死の瞬間と言えるのでしょう。沢山の人に囲まれ、惜しまれつつも、天国へ旅立つ方もおられるでしょう。誰一人そばにおらず、孤独に旅立つ方も。まだ10代で死の瞬間なんて考えられないという方も、死ぬ瞬間なんて考えたくないという方もおられるでしょうから、このゴールというテーマについては数回に分けてお話をしていこうと思っています。

 

 人生や経営においてはゴールというのは最後の一瞬だけではありません。1日のゴール、1年のゴール、2から3年先に設定する中期のゴール、10年スパンで考える長期のゴール、様々なゴール設定が可能ですし、それらゴールの積み重ねの先、あるいは積み重ねていくことに幸福な人生があるのです。そしてそれら一つひとつのゴールにおいて達成感を味わうことも非常に重要になってきます。

 

 では、2回目のワークです。

今年もあと半年となりました。今年のあなたのゴールは何ですか?どのようなゴールを迎えると達成感を味わえますか?

それを考えながら、「今日のゴール」も設定し、ぜひ達成感を味わってください。

今日のゴールはぜひ小さなゴールでいいので達成感を味わうことがポイントです。

 

スピスピ

 

 

 

松岡紫鳳の自己紹介ページ https://peraichi.com/landing_pages/view/shihomatsuoka

一般社団法人氣質診断士協会のホームページ http://www.vtckishitsu.com/

お金に対するマインドブロックが外れるお財布  http://roomin-r.com/saifu-shop/

 

7月23日は国際女性ビジネス会議へスポンサー出展しています 鳳凰のロゴを探してね http://www.women.co.jp/conf/

当日は松岡紫鳳や氣質診断士協会のメンバーがお台場にいます!

 

 


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事