​SPII編集部

~マインドフルネス〜内から湧き起こる幸福感☆OrganicHappiness♡Vol.21

みなさま、はじめまして。マインドフルネスガイドのいとうみのるです。このコラムでは、今、注目されているマインドフルネスの考え方や効果、実践法について、お伝えしていきたいと思います。マインドフルネスで、心を整え、自分を整えていくと、周囲の環境や人間関係も整っていきます。仕事や家事の生産性を高め、内から湧き起こる幸福感に満たされ、シンプルで自分らしいライフスタイルを構築していきましょう〜。どうぞよろしくお願いします。

 

  Vol.21では、 「感謝の食事」についてお伝えします。

 

3月4日酵素・栄養セラピストが提案するセミナーで、「マインドフルネスのススメ〜心と体の繋がりと心の状態の重要性」というテーマで、約70名の方々にマインドフルネスをお伝えしました。栄養学とマインドフルネスというのは、意外な組み合わせかもしれませんが、実はとっても関係があるのです。

 

今回、私が提案した内容は「感謝の食事」です。

 

普段、みなさまは、どのような気持ちで食事をされているでしょうか。食べてる時の気持ちは、消化に影響を与えます。イライラしたり、不安や怒りの気持ちで、ストレス状態で食事をしても、食べたものがうまく消化されません。ストレス状況下では、vol.8 でお伝えした闘争逃走反応が引き起こされます。一度闘争逃走モードになると、交感神経が高まり、ストレスホルモンのコルチゾルが分泌され、消化機能が低下します。私がお伝えするホリスティック栄養学は、心の状態も含めた栄養学で、食べたものの消化と吸収を重要視します。どんなに栄養価のある食事をしてもそれが、きちんと消化吸収されなければ、体の中では栄養とならず、むしろ未消化物となり体にとって毒になることもあります。では、どのようにしたら消化吸収が適切に行われるかというと、体内で酵素がきちんと働き、リラックスした心の状態で食事をすることが大切になってきます。

恩師であるママドウ博士は説きます。

「食事には、喜びと幸せと愛情という友達を招きなさい」

 

 私は、これに食事への「感謝」を加えたいと思います。毎日いただく食事をただ美味しくいただくだけではなく、感謝していただく。「いただきます」という言葉には、元来、命をありがたくいただくという意味が込められているのだと思います。本来は、誰かに言われて感謝するというのはおかしな話なのですが、現代においてはさもなければ、仕事をこなしながら食事をしたり、同僚と愚痴りながら食事をしたり、スマートフォンやパソコンをいじりながら食事をしたり、食事に感謝するどころか、流れ作業のようにお腹を満たすための食事になってしまうこともあるかと思います。そのような食べ方は決して体に良いとは考えられませんし、せっかくの食事が台無しになってしまいます。

 

感謝して食事をするのに、マインドフルネス(vol.2vol3)をご活用いただけきたいと思います。食べる前にマインドフルネスで心を整え、感謝の気持ちを持って、ありがたくいただく。そうすることで、心も体も食事をする準備ができて、しっかりと食べたものを消化する体制が整います。マインドフルに、一口一口を味わいながら食事を楽しむ。今までとは違う味わいで、5感が刺激され心も体も喜んでくれると思います。

 

ぜひ、マインドフルに感謝の食事をお試しくださいませ。

 

 

 

 

(プロフィール)

マインドフルネスガイド 神奈川県横浜市出身。SIY(※1)コアプログラム修了、センサリー・アウェアネス・レジリアンスプログラム修了。米国NTI(※2)認定栄養コンサルタント、米国フィトメディックラボ(※3)認定 酵素・栄養セラピスト、米国エレベイズ(※4)認定エキスパートヘルスコンサルタント、野菜ソムリエ。一部上場企業課長職/関連会社役員経験 (財務マネジメント、中期計画策定、IR戦略、投資委員会、企業内ファシリテーション)。2015年春、41歳の時に激務とストレスで体調を壊す。無理してまで仕事を続けることに違和感を覚え、人生の意義を考える。マインドフルネス、ホリスティック栄養学、予防医学を学び、「心」「体」「魂」と真剣に向き合う。マインドフルネスの実践により心を整えることで心身が健康になっていく自身の変化を感じ、マインドフルネスの魅力を理論的に伝える活動を個人向け、企業向けに展開。予防医学研究家としても個別カウンセリングやセミナーを実施。心の美容を提案するメディアSPII連載コラム寄稿。

 

(※1)Search Inside Yourself(サーチインサイドユアセルフ)の略。2007年にGoogle社が開発したマインドフルネスのプログラム名称。

(※2)Nutrition Therapy Institute(ニュートリションセラピーインスティテュート)の略。コロラド州デンバー所在のNutrition Therapy Institute(NTI)の日本提携校。同校は、ホリスティック栄養学のPrivate Occupational School(POS:特定分野の実践的な教育を専門に行う学校)として、コロラド州上級教育省から正式な認可を受けている。

(※3)米国テキサス州ヒューストン所在のマハマン・ママドウ博士が設立した酵素栄養学研究所

(※4)米国ジョージア州所在のアイザック・ジョーンズ博士が設立した最先端の予防医学コンサルティング会社

 

(連絡・アクセス方法)

心の畑HP         https://www.kokoronohatake.com/

心の畑FB          https://www.facebook.com/心の畑-343260106075958/

 

(イベント情報)

■初めてのマインドフルネスワークショップ

3月11日(日)☛詳細ページはこちら

 

プライベートセッション(随時受付中@秦野スタジオ)

お問い合わせ               tagayasu@kokoronohatake.com

詳細はHPでご確認ください。https://www.kokoronohatake.com/classes

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事