​SPII編集部

生きる喜び、還る幸せ vol.7~セラピスト 井上妙子~

大いなるエネルギーと繋がっている私たちが、『生きている!』ことを存分に味わい本心で生きると、この地球はどうなるのでしょう??生きる捉え方と日々の暮らしのスパイスとなるお話しをしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

第7回 「60%を愛せる力」

 

あなたの合格点は何点ですか??

なにかを許す、なにかを受け入れる、なにかを好きになる、なにかを嫌いになる、

無意識に自動的に決めていることですが、あえて点数をつけてみると何点になるでしょうか?

 

物事を決断する時は超好きだったり、超嫌いなどわかりやすいときはいいのですが、どっちでもない、どっちともいえる、あいまいな状態は結構しんどいものです。

 

あいまいさが続けば、霧で覆われた道を運転しているように、自分の行きたい矛先がどちらを向いているのかわからなくなったりしてしまいます。

 

 

そんな時、半分より10%増した60%あればよしと考えてみる。

 

意外と数値にすると60%って日常によくある数値だと思うんですよね。

 

ですが、頑張ってる事ほど厳しく判断して、60%はまるでダメだと考えてしまったりしていませんか?

 

 

毎日を一つの作品だと思うと、本当にどこからみても納得のいく作品はたまにやってきます。

でもそれは、毎日ガムシャラにやった努力で得たものではない時もあります。

 

 

何か他のことで味わった感覚を上手く活かせたときだったり、周りとの関係性だったり、自分の幸せを肌で噛み締めた時だったり、、、。

 

自分の努力だけではない何かと上手く連結したときにとんでもない感動と納得、達成感や充実感がやってきます。

 

 

頑張ることも厳しくなることも成長していくために必要なこと。だけど、上手くいかないことで自分を責め続けて消耗してしまうなら、それはもったいない。

 

努力や意欲を最大限活かすために、「おっと、半分より10%できたからよし!」と決めてみる。

60%、それさえも自分のさじ加減でできています。

 

明るく前に進めるように、またやってみたいと思えるようにリセットする。

60%を愛せると、いろんな価値観が変わります。

 

 

 

 

セラピスト  井上妙子

 

*プロフィール*

看護・セラピスト歴16年
幼少時より看護師を目指す。患者さんと接するたびに浮かぶ問い、「病気ってなぜなるの?」を発端に、より一対一のコンタクトのとれるセラピストに転身。統合自然療法を学び、整体治療院、中医学医療、オイルマッサージなどジャンルを問わず経験を積む。その中で様々な不調を抱えた方々と出会い、知識や技術だけでなく心とのつながりを学んでいく。自身も感覚がわからなくなるほど心身を壊したことで、エネルギーをどう扱うかがとても大切なことを知っていく。経験とともに自然と体が求めているところに手がいくようになると、触れられることで癒され元気になる方が多くなってくる。現在はプライベートサロンでのケアとともに訪問看護リハビリに携わり、個性や残存機能を活かし、深く眠る心の声を解放し、より充実した日々を送るサポートをしている。

 

 

*サロン情報*

tico  aroma&bodywork  salon

http://ticocorolife.wixsite.com/aroma/home

 

 

*お問い合わせ*

メール: ticocorolife@gmail.com

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事