​SPII編集部

神社崇敬会、初の認定デザイン神棚を12月25日から先行予約販売 - 手のひらサイズからフルスペックモデルまで「KITOKAMI」2018年モデル15製品をラインナップ

人と神社をICTでつなぐ崇敬会支援事業を行う、一般社団法人 神社崇敬会(事務局:東京都目黒区、代表理事:秀島康右)は2017年12月25日、神社崇敬会認定デザイン神棚「KITOKAMI」2018年モデル15製品の先行予約販売を開始します。

 

 

■概要
ブランド名:KITOKAMI(https://kitokami.com
受付開始日時:2017年12月25日午前9時から
販売サイト:すうけい(https://sukei.jp/
 

 

■神社崇敬会が神棚を販売する理由
神社の資金調達を担う崇敬会を支援する事業を行うにあたり、神札の頒布を神社の重要な資金調達方法と定め、崇敬会員が授与された神札を家庭でお祀りするための神棚の必要性を感じていました。この度発売する神棚は、伝統的な神棚の様式美を守りながらも、現代の住宅事情に沿った設計・デザインにより、神札をお祀りする神棚の普及のためになればと考えています。

 

 

■TEINORI ~土器を備えた手のひらサイズの神棚~
土器(かわらけ)と呼ばれる神具を差し込み式した手のひらサイズの神棚。
三方ベース(台座)に香り高い国産桧を使用し、ベースのスリットに土器を差し込むオリジナルの構造。

TEINORIは女性の手の中にすっぽりと収まるサイズ。

 

 

一般的な神札(神宮大麻と同様のサイズ)なら、キッチンなどのちょっとしたスペースでも本格的にお祀りできます。
 

 

土器(かわらけ)はリフィル構造となっていて、自由にレイアウト可能。
従来の土器のように落下の心配がありません。

 

商品情報 : TEINORI(ていのり)
□商品寸法(約mm)[本体外寸]幅90・奥行50・高さ20(土器含む最大55mm)
□商品材質その他:[ベース]国産桧[その他]合成樹脂・エナメル塗装[商品重量]50g[生産国]日本製
□価格:土器7個セット12,800円(税別・送料込)
    土器4個セット9,800円(税別・送料込)

 

 

■MIYA DESKTOP ~内陣から土器まで揃った宮形神棚のデスクトップモデル~
内陣(神札をお祀りする)、宮形(社殿の形状)、土器(神具)など、伝統的な神棚を構成しているすべての要素を備えたフルスペックモデル。すべてを内陣の中に収めたシンプルなデザインで、オフィスのデスク上や家庭などのプライベート空間でのお祀りを想定しています。

 

 

パソコンなどと並べておいても違和感のないデザイン、省スペース。
神札を祀る内陣は国産ヒノキを使用して神棚職人が手作りし、宮形は実在する神社を元にした三次元デジタル設計。
 

 デザイン・カラーは全6種。
社殿形式別に中から外に向かって、SHINMEI(神明造:白・黒)、SUMIYOSHI(住吉造:白・黒)、NAGARE(流造:白・黒)の中から選べます。
 宮形は8層の塗膜によって塗装された、越前和紙の質感がモティーフの越前マットカラー。ホワイトとブラックから選べます。

 

 

若いショップオーナーやスタートアップ経営者など、商売繁盛の祈願は行っていても神棚に縁の少なかった層をターゲットにしています。
 

商品情報 : MIYA DESKTOP(みや - ですくとっぷ)
□商品構成: 本体×1、土器(水玉×1、瓶子×2、高坏×2、榊立×2)
□商品寸法(約mm)
 [本体外寸]幅90・奥行70・高さ270
 [内陣内寸]幅80・奥行10・高さ255
 ※80×250(mm)までの神札をお祀りすることが出来ます(神宮大麻と同サイズなら8枚まで)
□商品材質その他:[内陣]国産桧 [その他]合成樹脂 [商品重量]210g [生産国]日本製
□価格:36,800円(税別・送料込)
 

 

■MIYA WALL ~国産桧の内陣を備えた新しい宮形デザイン神棚の壁掛けモデル~
実在する神社を元に設計された本格的な宮形を備えながら外観はミニマル。
オフィスからご家庭まで幅広くお祀りいただける壁掛け神棚です。

 

 シンプルなインテリアにも違和感なく溶け込み、しかし伝統の宮形は踏襲しているデザイン。
神札を祀る内陣は国産ヒノキを使用して神棚職人が手作りし、宮形は実在する神社を元にした三次元デジタル設計。
 

 デザイン・カラーは全6種。
社殿形式別に中から外に向かって、SHINMEI(神明造:白・黒)、SUMIYOSHI(住吉造:白・黒)、NAGARE(流造:白・黒)の中から選べる。宮形が三次元で作られているため、見上げたときに実際に神社に参拝しているような感覚になります。

 

商品情報 : MIYA WALL(みや - うぉーる)
□商品構成:本体×1
□商品寸法(約mm)
 [本体外寸]幅90・奥行50(SUMIYOSHIは奥行45mm)・高さ270
 [内陣内寸]幅80・奥行10・高さ255
 ※80×250(mm)までの神札をお祀りすることが出来ます(神宮大麻と同サイズなら8体まで)
□商品材質その他:[内陣]国産桧[その他]合成樹脂・エナメル塗装[商品重量]160g[生産国]日本製
□価格:24,800円(税別・送料込)

 

 

■TEINORI  KAMI ~紙製の土器リフィルを使用する神棚入門モデル~
2015年に試験販売されたもののリプロダクト製品。
神札をお祀りするスリット部を改良し、複数体の神札をお祀りすることが可能になりました。

 

商品情報
TEINORI KAMI(ていのり - かみ)
□商品構成:本体×1、紙製土器リフィル(水玉×1、瓶子×2、高坏×2、榊立×2)
□商品寸法(約mm)[本体外寸]幅90・奥行50・高さ20(土器含む最大60mm)
□商品材質その他:[内陣]国産桧[その他]紙・オフセット印刷[商品重量]40g[生産国]日本製
□価格:3,980円(税別・送料込)

 

 

■神社崇敬会認定デザイン制度について

昨今、さまざまなデザインの神棚が出ていますが、時代が進むにつつれて形状はシンプルになっています。私たちはただの箱状のものを「神棚」と呼ぶには抵抗があります。神職の方から言われた「神棚はお家の神社です」という言葉を思い出すにつれ、神棚にはやはり神社建築や礼拝作法の一端が含まれ踏襲されていることが、日本文化の継承や、美しい心を育む環境を醸成していくのではないかと考えています。

 

最先端のテクノロジーを利用したプロダクトであっても、古来の神社建築の要素を取り入れ、けっして文化を忘れないように、下記の基準を満たしたプロダクトデザインに対して神社崇敬会として認定する事業を行います。
 
●神棚伝統様式、神社建築様式を踏襲している
●主要な素材に国産桧(ひのき)を使用している
●製造工程に神棚職人の手仕事が含まれている
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事