​SPII編集部

お疲れ気味?頑張っている!すべての「東京人」に送る、日々の開運、初詣にも効果テキメン!『東京開運☆さんぽ』~浄化&招福 17のルート

『開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。』(河出書房新社)で、発売後、即重版となった気鋭の著者 長﨑洋二氏が「東京に関わるすべての人」のために書下ろしをした新刊です。

 

東京と散歩に特化した実践的な書。日々の開運、科学的なアプロ―チによる神域(パワースポット)、散歩の歴史、歩き方のメソッドなど盛りだくさんの内容。スピリチュアルと学術研究が融合した話題騒然必至!のハイブリッド書の第二弾です。
 

 

12月18日(月・大安吉日)より河出書房新社(代表取締役社長 小野寺優)から、長﨑洋二氏の最新刊『東京 開運☆さんぽ』~浄化&招福 17のルート!~が発売されます。
【Amazon】http://amzn.to/2CnCsxo

 

2020年の東京オリンピック、2019年のラグビーワールドカップなど、来るべき「祭り」のため日々、忙しくなっていく東京。そんな東京において「ほっと一息つける散歩」を提案した1冊です。

 

さらに、学術研究の畑にいる筆者らしく、開運やスピリチュアルな抽象的なワードを丁寧かつ、分かりやすく解説しているのも本書の魅力の1つです。

 

東京23区だけではなく、都内の周辺地域にも範囲を広げ、「標高(天空)のルート」「水脈のルート」「徳川家のルート」などの分類で全17ルートを紹介し、解説。それぞれのルートには「さんぽ地図」ついており、恒久的に残る書として重宝される1冊となるでしょう。
 

 

​<もくじ>
プロローグ
1章・運を開く「散歩」の極意
2章・「標高」が決め手の開運さんぽ
3章・「水脈」のパワーを浴びる開運さんぽ
4章・「江戸」とつながる開運さんぽ
5章・23区のスペシャル散歩​
開運講座1~5
あとがきにかえて

 

 

<神秘の17ルート>(抜粋)
ルート1★リッチピープル&古墳のWパワー! 田園調布散歩(大田区)

 

ルート2★ご利益のデパート! 大國魂神社散歩(府中市)

 

ルート3★迎賓館まわりの高低差に癒される! 赤坂散歩(港区)

 

ルート4★ちょいと険しいが即効性あり!? 今熊神社散歩(八王子)

 

ルート5★神域界の至宝! 井の頭公園散歩(武蔵野市)

 

ルート6★浄化と癒しの総合研究所! 深大寺散歩(調布市)

 

ルート7★パワーリバーが長寿に効く!? 石神井川公園散歩(練馬区)など全17ルート!

 

※サンプル地図

 

 

<著者情報>
長﨑 洋二:ながさき ようじ
福岡市博多区出身。著述家、研究者。専門は観光経営、ホスピタリティ・マネジメント。米国セントラルフロリダ大学客員研究員。『開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。』(河出書房新社)、『おもてなしの未来図』(現代図書)の著者。立教大学 大学院博士前期課程修了、西南学院高校卒。
Twitterアカウント:@Yojivoix
 

 

<書誌概要>
【書名】『東京開運☆さんぽ:浄化&招福 17のルート!』
【定価】680円(税別)
【発売日】2017年12月18日(月)
【仕様】​AWADE夢文庫 文庫 ● 224ページ
【発行】河出書房新社
【販売】全国の書店
【Amazon】http://amzn.to/2CnCsxo
【版元WEB】http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309499826/
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事