​SPII編集部

【春分の日限定】平成最後のレイラインと御祈祷体験プランを発売。東京から約60分のホテル一宮シーサイドオーツカに3月20日宿泊・3月21日体験

春分の日は、縁結びで有名な玉前神社から出雲大社までのパワースポットを結ぶ「御来光の道=レイライン」ができる日。ホテル一宮シーサイドオーツカでは、平成最後の春分の日、2019年3月21日にレイラインを拝み、御祈祷(きとう)体験できる宿泊プランをご用意しました。

 

パワースポット玉前神社 御来光の道レイライン見学と御祈祷体験プラン
https://www.seaside-otsuka.com/news/2019/2019021601.html?02=01_pt_hotel_20190221
 

 

ホテルから車で10分ほどの玉前神社はレイラインの東の起点であることから関東屈指のパワースポットと言われています。
真東を向いている玉前神社の一の鳥居。春分と秋分の日には九十九里の海から昇った太陽が鳥居を照らします。

 

この日、日の出の位置と玉前神社を結んだ延長線上には、寒川神社、富士山、七面山、竹生島、伊勢神宮の内宮(ないくう)が遷座したとされる元伊勢、皇大神宮、大山の大山神社、出雲大社が並び「御来光の光=レイライン」と呼ばれています。
本プランでは2019年3月21日(木・祝日)釣ヶ崎(つりがさき)海岸から昇る御来光および、縁結びで有名な玉前神社までスタッフがご案内します。

 

 

レイラインのパワースポット(東から西方向並び)

玉前神社…神武天皇の母である玉依姫命(たまよりひめのみこと)がご祭神としてまつられる
寒川神社…古来唯一の八方除(よ)けの守護神。源頼朝、武田信玄、徳川家代々の厚い信仰を受ける
富士山…祈りの山として知られる日本最高峰の山
七面山…日蓮聖人の墓所である見延山を鎮守する霊峰
竹生島…神の住む島として信仰され、島の多くが聖域とされる
元伊勢…天照大御神(あまてらすおおみかみ)が永住の地を決めるまでに仮住まいした地
大山(だいせん)…西の富士ともいわれる山で、明治までは山岳仏教の霊場として入山が禁止されていた霊山
出雲大社…神代の創建。日本の歴史のはじまりと伝えられる地
 

 

プラン概要
【宿泊日】2019年3月20日(水)
【御来光・御祈祷】2019年3月21日(木)
【料金】1泊2食:14,000円(消費税・入湯税150円別)~ / 1泊朝食:9,000円(消費税・入湯税150円別)~
【特典】御祈祷(きとう)・御霊(みたま)守り・紙の御朱印

 

3月21日の御来光・御祈祷体験参加に、朝食と温泉入浴をセットにした日帰りプランもご用意しました。

【日帰りプラン】
パワースポット玉前神社御来光の道<レイライン>~釣ケ崎海岸御来光見学と御祈祷体験~
https://www.seaside-otsuka.com/plan/day/rayline/?02=01_pt_hotel_20190221

 

 

■ホテル一宮シーサイドオーツカ
千葉県南九十九里海岸沿いのリゾートホテル。ヨードたっぷりの天然温泉とホテル自慢のお料理の数々。近隣には縁結びでも有名な玉前神社があり、ホテルウェディングは玉前神社での神前挙式も承ります。
〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮10000番地
TEL:0475-42-6411 FAX:0475-42-6530
公式サイト https://www.seaside-otsuka.com/?02=01_pt_hotel_20190221

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

​関連記事